進化が止まらないオープンネットワークオペレーティングシステム
~IoT時代のITインフラの新本命~

仮想化をきっかけに始まったハードウェアとソフトウェアの分離と抽象化。今ではサーバー仮想化、ストレージ仮想化、ネットワーク仮想化などが当たり前になってきています。その中でも特にネットワーク仮想化の進化には目を見張るものがあります。
通信事業者から始まったSDNも最近は企業ユーザーにも広がりをみせ今後もこの市場は拡大していくことが予想されます。その主役の担うのはCumulus Linuxです。スイッチをもはやサーバーとして運用可能にするテクノロジーはITインフラの一元管理や自動化に適しており、またこれをサポートするハードウェアもオープン化が進み豊富なラインナップで安価なものが続々と登場しています。
このようにスイッチがコモディティ化することで企業ユーザーのネットワークもダウンサイジングが可能となり結果としてTCOの削減が可能となります。

PAGE TOP