Cohesity とは?

ハイパーコンバージド型統合セカンダリ・ストレージです。バックアップはもちろんテスト/開発向けのストレージも統合。ハイパーコンバージド型ストレージで拡張性はバッチリ!性能もリニアにスケールします。
またCohesity導入により、将来的に統合データマネジメントを実現出来ます。

統合セカンダリストレージ
  • バックアップ用ストレージの統合
  • 災害対策用ストレージの統合
  • テスト/開発環境用ストレージの統合
ハイパーコンバージド型ストレージ
  • 独自の分散型ファイルシステムにより柔軟なスケーラビリティを実現
  • 重複排除と圧縮機能でストレージ容量を大幅削減

Cohesity 製品ラインアップ

ハードウェア・アプライアンス

1) C2000シリーズ --- C2305/2505/2515/2605
2) C3000シリーズ --- C3500
※ C2000シリーズは“ 4-node構成” を推奨
※ 各シリーズの詳細は下記のスペックシートを参照ください

ソフトウェア・ライセンス

1) Data Platform     (TB単位/ 永続 & サブスクリプション)
2) Data Protection     (TB単位/ 永続 & サブスクリプション)
3) Cloud Archive    (TB単位/ サブスクリプションのみ)
4) Cloud Tier        (TB単位/ サブスクリプションのみ)
※ 注意 : 上記 2)~4)は、1) Data Platformとの併用時のみ動作します

クラウド対応ソフトウェア

1) Data Platform    (TB単位/ サブスクリプションのみ)

Cohesity ハードウェア・アプライアンス製品スペックシート

Cohesity ハードウェア・アプライアンス製品

  C2305C2505/C2515C2605C3500
Per Block
(4 Nodes)
Per Block
(4 Nodes)
Per Block
(4 Nodes)
Per Node
HDD Capacity 48TB Raw 96TB Raw 120TB Raw 176TB Raw
Flash Capacity 3.2TB Raw 6.4TB Raw
(C2505)
8TB Raw
(C2515)
6.4TB Raw 7.68TB Raw
Memory 256GB 256GB 256GB 128GB
CPU (8)
Intel E5-2620
2.1GHz
8-Core CPUs
(8)
Intel E5-2620
2.1GHz
8-Core CPUs
(8)
Intel E5-2620
2.1GHz
8-Core CPUs
(2)
Intel Xeon E5-2620
2.1GHz
8-Core CPUs
On-Board
Network Ports
(8) 10GbE
(8) 1GbE
(4) IPMI
(8) 10GbE
(8) 1GbE
(4) IPMI
(8) 10GbE
(8) 1GbE
(4) IPMI
(2) 10 GbE
(1) IPMI
DP Integrations VMware VADP, Oracle RMAN, Microsoft SQL, Windows, Linux, Pure Storage, NAS, Nutanix AHV, Microsoft Hyper-V and NetApp*
Encryption AES256
Operating Environment Cohesity DataPlatform
Protocol Support NFSv3, SMB 2.1, SMB 3.0 and S3 REST API
Data Resiliency Erasure Coding and RF/2
Cloud Archive Google Nearline, Microsoft Azure, Amazon S3 & Glacier, any S3 and NFS compatible storage
  C2305, C2505, C2515 and C2605C3500
Per Block
(4 Nodes)
Per Node
Dimensions 2U EIA Rack Units
17.24” x 30.35” x 3.42”
43.79 x 77.09 x 8.69cm
2U EIA Rack Units
17.2” x 34” (41” w/Cable Management) x 3.5”
43.7 x 86.3 x 8.9cm
Weight 100lbs / 45.36kg 110lbs / 49.90kg
Power Supply 1,600 Watts (Maximum per block) 1600W Redundant Power Supplies
Voltage (2) 110/220V AC Auto-Sensing Fully Redundant Power Supplies (per block) 100-127Vac, 50-60Hz, 9-12A or 200-240Vac, 50-60Hz, 8-10A
Frequency Required 47Hz to 63Hz 50Hz to 60Hz
Thermal Rating 5,459 BTU/Hour (Maximum) 5,459 BTU/Hour (Maximum)
Operating Temperature 10°C to 35°C (50°F to 95°F) 10°C to 35°C (50°F to 95°F)
Non-Operating Temperature -40°C to 70°C (?40°F to 158°F) -40°C to 70°C (-40°F to 158°F)
Operating Relative Humidity 8% to 90% (non-condensing) 8% to 90% (non-condensing)
Non-Operating Relative Humidity 5% to 95% (non-condensing) 5% to 95% (non-condensing)
Emissions and Immunity FCC Part 15, ICES-003, CE, KCC, VCCI and BSMI FCC Part 15, ICES-003, CE, KCC, VCCI and BSMI
Safety CE and BSMI CE and BSMI

「Cohesity C2000シリーズ (アプライアンス)」の外観

筐体 (表面)Cohesity-appliance.png

筐体 (裏面)hardware-bezel-back.png

2Uの筐体に最大4つのノードを搭載したアプライアンスで、データ増加に応じて無停止でノード拡張が可能です。

「Cohesity C2000シリーズ」の運用イメージ

既存のインフラストラクチャと統合運用

Cohesity製品による運用イメージ

「Cohesity C2000シリーズ」の主な特長

  1.  既存バックアップデータのCohesityへの取り込み&既存のバックアップツールとの並行運用が可能
  2.  Cohesity 独自の分散ファイルシステム SpanFSによる高可用システムを実現
    • ノード追加による無制限のスケーラビリティ
    • グローバル重複排除 及び ノード間を跨いだストレージプールの作成
    • 圧縮/暗号化機能
    • 無制限の Snap Shotクローンデータの作成
    • 接続形態:NFS, SMB, S3 Object Store
  3.  独自のスナップショット技術「SnapTree」によるスナップショット取得及びRead/Writeの高効率化を実現
    • 無制限のスナップショットボリュームの作成
    • スナップショット数の増加に依存しない安定したRead/Write性能
    • ユーザの要求に合わせたRPO/RTOを実現
  4.  インスタントリストア & 永久増分バックアップ
  5.  クラウドストレージへのArchive & ローカルシステムへのRecovery
PAGE TOP