テレワークの普及により、リモートアクセスやクラウドアクセスが不可欠となっている一方、不正アクセスや情報漏洩が後を絶たず、外部からのアクセスを大幅に制限したセキュリティポリシーで運用するなど、IT投資が有効に機能していない状況でもあります。
強固なセキュリティと利便性を兼ね備えたSECUREMATRIXで、認証におけるセキュリティと運用の問題点を同時に解決することができます。

SECUREMATRIXとは

NO ID・NO認証デバイス・NOアプリで「ID秘匿化ワンタイム多要素認証」を実現。「ID」×「パスワード」×「証明書」を全てワンタイム化、より強固なセキュリティで皆様の新しい働き方をサポートする「認証セキュリティ製品」

SECUREMATRIXとは

特長1 NO ID・NO認証デバイス・NOアプリで多要素認証

アクセスを行うすべてのデバイスからID入力をすることなく、多要素認証が実現できます。トークン・読み取り機器の所持やアプリ・電子証明書のインストールも不要なので、ユーザーはわずらわしい設定や更新作業から解放されます。

特長2 境界型もゼロトラスト型もハイブリッドにシングルサインオン

IDをワンタイムパスワードに組み込みワンタイム化することで、「ステルスIDベースのセキュアな認証」を実現します。ブラウザーさえあれば、境界型ネットワークでもゼロトラスト型ネットワークでもシングルサインオン(SSO)が可能。Windows PCなら端末にサインインするだけでWindowsドメインネットワークだけでなく、WebシステムやクラウドサービスなどにもSSOが可能です。

特長3 オンラインでもオフラインでも在宅ワークを応援

オンラインでもオフラインでも認証が可能な特許技術の「SEED方式」で、在宅ワークを応援します。ユーザー自身がGUIのメニューから簡単な操作でパスワードイメージや利用するデバイスの登録やリセットを行うことができます。さらにWindows PCでは新搭載のセルフタイムマネジメント機能で在宅ワークのタイムマネジメントを支援します。

PAGE TOP