GitLabなら、ツールチェーンの乱立や複雑さ、属人化を排除、自動化も可能で、品質やセキュリティを向上しつつ、アジャイル開発やリリースを加速できます。

GitLabは、一気通貫のDevSecOps 統合プラットフォーム

GitLabは、ソースコード管理やバージョン管理システム(VCS)として著名で、世界中の多くの顧客やユーザに利用、支持されておりますが、現在では、 課題管理、ソースコード管理、CI/CD、各種セキュリティチェック、監視等、 DevSecOpsの一連の工程で必要な機能を、GitLab 1アプリケーションで実装しています。

また、KubernetesにおけるCI/CDパイプラインのベストプラクティスを自動生成できるAuto DevOps機能や、コンプライアンスフレームワークに準拠したパイプライン作成機能等、先進的な機能をいち早く提供しています。

✓ 統合プラットフォーム
Single Platform

✓ データの統合
Single Data Model

✓ シンプル&セキュア
Simple & Secure

✓ 優れた透過性
Transparent

DevSecOpsのツールチェーン問題を解決

プロジェクトやチーム毎に、様々なDevSecOpsツールを使う従来のやり方では、品質やセキュリティ、効率やスピード、コンプライアンスやガバナンス、あらゆる面で限界を迎えます。
DX推進やアジャイル開発において、様々なツール群の学習や運用が弊害になってはいけない!
そんな意見が高まる中、1メーカー・1アプリケーションの統合プラットフォームへの切り替えが進んでいます。

【Before】 数十種のDevSecOpsツールチェーンを利用

Before 数十種のDevSecOpsツールチェーンを利用

  • 画面遷移が多く、生産性が低下
  • 手動や作り込みが多く、時間と工数がかかる
  • 各ツールの互換性維持が困難
  • OSSの難しさ、学習や運用、人材確保に限界
  • 属人性が高く、品質低下やガバナンス弱体化
  • リリーススピードが遅い

下矢印

【After】 自動化された統合プラットフォームを利用

After 自動化された統合プラットフォームを利用

  • 1つのアプリ、単一のUIに統合、生産性が向上
  • 多くの工程を自動化、時間と工数を削減
  • 1メーカーで“ワンオペレーション”
  • 正式サポートで安心、教育が容易
  • 一貫性や標準化により、品質や信頼性を向上
  • リリーススピードを大幅UP

Gartner社の調査

40%以上の企業が、2023年までに、ポイントソリューションから統合プラットフォームに切り替える。

PAGE TOP