VxRail 製品概要

vxrailDell EMC VxRailとは・・・?
Dell EMC社のハイパーコンバージドインフラストラクチャです。
ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは 「サーバー」「ストレージ」「ハイパーバイザー(VMware)」「ネットワーク」が 1アプライアンスに収まった、新しい形のアプライアンスです。

VMware専用のハイパーコンバージド

VMwareが設計したハイパーコンバージドなので、 VMware環境下での操作性が非常に簡単です。 ハイパーコンバージドインフラの利点である「全ての コンポーネントを一括管理」がより簡単に・シンプルに 実現します。

老舗ベンダだからこそ実現する外部接続の選択肢

VxRailの特徴でもある外部機器との連携。 ストレージ領域の増設はUnityやIsilon 、 バックアップはAvamarやData Domainと組み合わせることが可能です。全てのインフラをDell EMCで統一管理!

VxRailの導入メリット

(1)サイジング~導入の短期化

従来システムの場合、サイジングやそれぞれの機器の導入作業の調整・納期確認等々 で導入までに時間が掛かっていましたが、VxRailなら、サイジングも機器の導入作業も VxRailだけの調整で完結。導入までの短期化が可能です。

サイジング~導入の短期化

(2)管理の簡易化

管理の簡易化.jpg

(3)Dell EMCしか出来ない安心の保守サポート

Dell EMCしか出来ない安心の保守サポート日本のお客様を専任でサポートするジャパンサポートセンターが、24時間365日で手厚いサポートを提供します。
ハード(Dell EMC)とソフト(VMware)の両方のサポートチームが連携して、日本国内フルサポートを提供しているので、問題解決までスムーズです。

製品ラインナップ

ラインナップG Series
G560/G560F
NEW
E Series
E560/E560F
V Series
V570/V570F
P Series
P570/P570F
S Series
S570
筐体 G.png E.png Dell-EMC-PowerEdge Dell-EMC-PowerEdge Dell-EMC-PowerEdge
導入モデル 一般的な用途
向け
エントリー向け VDI環境向け パフォーマンス
重視向け
ストレージ容量
重視向け
Form Factor 2U 4ノード 1U 1ノード 2U 1ノード 2U 1ノード 2U 1ノード
ノード
あたり
CPU 1.7-3.5 GHz
Intel Skylake
ファミリー
4~56コア
1.7-3.5 GHz
Intel Skylake
ファミリー
4~56コア
1.8-3.5 GHz
Intel Skylake
ファミリー
8~56コア
1.7-3.5 GHz
Intel Skylake
ファミリー
4~56コア
1.7-3.5 GHz
Intel Skylake
ファミリー
4~56コア
Storage Type フラッシュ
又は
ハイブリッド
フラッシュ
又は
ハイブリッド
フラッシュ
又は
ハイブリッド
フラッシュ
又は
ハイブリッド
ハイブリッド
Max Capacity 19.2TB 30.7TB 76.8TB 76.8TB 48TB
Max Memory 2TB 3TB 1TB 3TB 3TB
ネットワーク
(オンボード)
10GbE SFP+ x 2 25 GbE SFP28 x 2
又は 10 GbE RJ45 x 4
又は 10 GbE SFP+ x 4
又は 1 GbE RJ45 x 4
(シングル、
ハイブリッドのみ)
25 GbE SFP28 x 2
又は 10 GbE RJ45 x 4
又は 10 GbE SFP+ x 4
又は 1 GbE RJ45 x 4
(シングル、
ハイブリッドのみ)
25 GbE SFP28 x 2
又は 10 GbE RJ45 x 4
又は 10 GbE SFP+ x 4
又は 1 GbE RJ45 x 4
(シングル、
ハイブリッドのみ)
25 GbE SFP28 x 2
又は 10 GbE RJ45 x 4
又は 10 GbE SFP+ x 4
又は 1 GbE RJ45 x 4
(シングル、
ハイブリッドのみ)
最大追加
可能NIC数
1 2* 4* 4* 3

*構成により変わることがございます。

ディスクイメージ

ディスクイメージ

ソフトウェア一覧

ベンダーソフトウェア名
VMware Sphere 6.x Standard/Enterprise Plus(機器と別売り。既存ライセンスの使用も可能です。)
VMware Virtual SAN Standard/Advanced/Enterprise
※VxRail4.5まではEnterpirseがバンドルされていましたが、VxRail4.7からは、Standard/Advanced/Enterpriseのエディションからご選択頂く形に変更となりました。エディションの違いは比較表をご確認下さい。
※VMware ELA契約でvSANライセンスを保持されているお客様はそちらをVxRailでご利用する事も可能です。
VMware vCenter Server
VMware vRealize Log Insight
Dell EMC VxRail Manager
Dell EMC Secure Remote Support(ESRS/VE)
Dell EMC Recover Point for Virtual Machines (RP4VM)
VMware VDP(vSphere Data Protection)に関して、サポート終了となりました。 代替えのデータ保護オプションとして、RP4VMやAvamar+Data Domain連携構成を推奨しております。

VMware Virtual SANライセンス エディション 機能比較表

 StandardAdvancedEnterprise
ライセンス権限 CPU、VDIデスクトップ
ROBOの仮想マシン単位
CPU、VDIデスクトップ
ROBOの仮想マシン単位
CPU、VDIデスクトップ
ROBOの仮想マシン単位
Storage Policy-Based Management
vSAN のスナップショットとクローン
ラックの認識による柔軟な障害対応
レプリケーション(5 分の RPO)
ソフトウェアによるチェックサム
オールフラッシュのサポート
ブロック アクセス(iSCSI)
QoS:IOPS の制限
インライン重複排除と圧縮
(オールフラッシュのみ)
 
イレイジャー コーディング:
RAID 5/6(オールフラッシュのみ)
 
vCenter の vRealize Operations  
ローカル環境の障害を保護する
ストレッチクラスタ
   
保存データの暗号化    

※VMware ELA契約でvSANライセンスを保持されているお客様はそちらを  VxRailでご利用する事も可能です。 ※VMware ELA契約外のOEMライセンスは利用不可となります。

背面ポート

VxRail Gシリーズ(10GbE)

VxRail-Gシリーズ(10GbE)

VxRail Eシリーズ

VxRail-Eシリーズ.jpg

VxRail V・P・Sシリーズ

VxRail-V・P・Sシリーズ.jpg

2node cluster サポート開始

2node-cluster-サポート開始これまで3ノードが最小構成でしたが、VxRail4.7.100以降のバージョンからVxRail Eシリーズの2ノード構成もサポート開始されました。 費用を抑えて、地方拠点等にHCIの展開をされたい方におすすめです。
※Node間の内部管理用ネットワークはダイレクト接続のみ。
※VxRailクラスタの外部にvCenter(既存でも可)およびWitness VMを配置する必要があります。

Smart Fablic サービス(ネットワーク自動化ソリューション)

ネットワークの構築、管理、運用を最適化・自動化するSmart Fablic サービスが、VxRailにて対応可能となりました。 VxRail の導入と同時にネットワークの導入が出来るので、構築時間の短縮につながります。 対応ネットワークスイッチはDell PowerSwitchシリーズとなります。 ※一部非対応機種がありますので都度お問い合わせください。 

応用編(VxRailの外部機器接続に関して)

★AvamarとData Domainの組み合わせで・・・

広範囲かつデータ整合性の高いバックアップと高速リカバリを実現! 大量のバックアップデータも重複排除機能により、高効率に削減! さらにレプリケーションで万が一サイト障害が起きても安心!

仮想環境をバックアップ出来るソフトウェアバンドルのData Protection Suite For VMware(Avamar Virtual Edition付)+Data Domainで安価に構築可能です。

PAGE TOP