IBM(ソフトウェア) ライセンス仮想化編

IBMソフトウェア製品を仮想環境上で使用するときの考え方

2012/10/1現在情報に基づいた情報です。

IBMソフトウェア製品なら他メーカーと比較して大きなコストメリットを提供します!

低コストで効率的なITインフラを構築する仮想化技術を導入する際に、ソフトウェアライセンスのコスト削減は期待していたほど実現できない。という問題があります。仮想環境上で使用するIBMソフトウェアライセンスは、仮想マシンに割り当てられたコア・CPU数分のライセンスのみを購入する「サブキャパシティライセンス」オプションを選択することで、仮想化によるソフトウェアライセンスのコスト削減も実現することが可能です。

2種類の購入方法

① 物理サーバのコア・CPU数分のライセンスを購入する(フルキャパシティライセンス)

② 仮想マシンに割り当てられたコア・CPU数分のライセンスのみを購入する(サブキャパシティライセンス)

※フルキャパシティライセンス、サブキャパシティライセンスは、必要ライセンス数のカウント方法と適用条件が異なりますが、購入いただく製品型番は同じです。

 

物理サーバ2台/仮想サーバ1台/ユーザ2名の構成例で仮想サーバ上で使用する代表的な製品のライセンスカウント例を紹介いたします。

物理サーバ2台/仮想サーバ1台/ユーザ2名の構成例で仮想サーバ上で使用する代表的な製品のライセンスカウント例を紹介いたします。

 

※VMware HA, VMotion, DRS/DPM, Citrix XenMotion, Microsoft Live Migration などのテクノロジによる移動下図の仮想インスタンス(マシン)の割当コア(vCPU)は1コア前提です。

 

virtual_sec2-h4.gif

代表的なIBMソフトウェア製品「WebSphere Application Server」の基本的なライセンスカウント例を紹介いたします。下図はサーバ1台/ユーザ2名※1の構成例です。ライセンス算出の前提となるサーバプロセッサは、Intel Xeon E5-2640/6Core/2CPU(70PVU/Core相当※2)です。
※2 2013/5/14現在、1Coreあたり70PVU係数に指定されています。

WebSphere

WebSphere | 製品の場合 | WebSphere Application Server (Base)

WebSphere Application Server を導入する仮想インスタンス(マシン)の数にかかわらず物理サーバに対 するPVU課金またはSocket課金での購入が可能です。

WebSphere Application Server(Base)

※仮想インスタンス(マシン)が移動する場合、IBMソフトウェアライセンスは稼働している仮想インスタンス(マシン)分、または稼働している仮想インスタンス(マシン)が載ってる物理サーバ分のライセンス分のみの課金です。
※OSライセンスは別途必要数を保有していることを前提としています。
※WebSphere Application Server (Base) Socketライセンスは、最大4Socket/物理サーバで使用することができます。

 

 

導入する仮想マシンの数、または vCPU数が少ない場合(拡張予定なし)にお勧め ②仮想インスタンス(マシン)に割り当てられたコア・CPU数分のライセンス購入(サブキャパシティライセンス)

代表的なIBMソフトウェア製品「WebSphere Application Server」の基本的なライセンスカウント例を紹介いたします。下図はサーバ1台/ユーザ2名※1の構成例です。ライセンス算出の前提となるサーバプロセッサは、Intel Xeon E5-2640/6Core/2CPU(70PVU/Core相当※2)です。
※2 2013/5/14現在、1Coreあたり70PVU係数に指定されています。

サブキャパシティライセンス適用時の条件

サブキャパシティライセンスを適用して、仮想インスタンス(マシン)に割り当てられたコア・CPU数分のライセンスを購入する場合は以下を確認する必要があります。

WebSphere

WebSphere | 製品の場合 | WebSphere Application Server (Base)

WebSphere Application Serverを導入する仮想インスタンス(マシン)のvCPUに対するPVU課金またはSocket課金での購入が可能ですが、「サブキャパシティライセンス適用時の条件」を満たす必要があります。

WebSphere Application Server (Base) | PVU

WebSphere Application Server (Base)  |  PVU

※監査レポートをIBM License Metric Tools(ILMT/0円ライセンス)を導入して作成し最低二年間保有する必要があります。
※IBM License Metric Tools(ILMT)導入要件は別途ご確認ください。

WebSphere Application Server (Base)  |  PVU

※監査レポートをIBMテンプレート(Excelファイル)を使用して作成し最低二年間保有する必要があります。

※ILMT導入例外条件
「パスポート・アドバンテージのご契約条件」
1.14 レポーティングに関するお客様の責任より
i)  ILMT が「対象 仮想化環境」または「対象サブキャパシティー製品」をまだサポートしていない場合。
ii) お客様の「エンタープライズ」の従業員 (契約社員を含む) が 1,000 人未満で、お客様は「サービス・ プロバイダー」 (直接またはビジネス・パートナーを通じて、情報技術サービスをエンド・ユーザーのお 客様に提供する事業者) ではなく、かつ、お客様が「対象製品」が導入されるお客様の環境の管理を 「サービス・プロバイダー」と契約していない場合。
さらに、「サブキャパシティー・ライセンス」条 件で使用許諾を受けているが、「フルキャパシティー」を元に算出したお客様の「エンタープライズ」 サーバーの物理キャパシティーの合計が 1,000 PVU 未満の場合。

※仮想インスタンス(マシン)が移動する場合、IBMソフトウェアライセンスは稼働している仮想インスタンス(マシン)分、または稼働している仮想インスタンス(マシン)が載ってる物理サーバ分のライセンス分のみの課金です。
※OSライセンスは別途必要数を保有していることを前提としています。

WebSphere Application Server (Base) | VPC

WebSphere Application Server (Base)  |  VPC

※ILMTもしくはPAご契約条件「1.12 順守状況の確認」に準拠する正確な書面による記録、システム・ツールの出力、およびその他システム情報の作成、保持のマニュアルベースのライセンス管理が必須です

PAGE TOP