IBM(ソフトウェア) ライセンス

パスポート・アドバンテージで提供しているIBMソフトウェア製品に対するライセンス課金体系のご説明です。

プロセッサーバリューユニット(PVU)課金
導入するサーバープロセッサコアに対して課金

リソース・バリュー・ユニット (RVU)
プログラムの管理対象である物理ハードウェア環境内の活動化されたプロセッサー・コアに対して課金。
活動化されたプロセッサー・コアとは、プロセッサー・コアのキャパシティーを仮想化テクノロジー、オペレーティング・システム・コマンド、BIOS設定、または類似の制約によって制限できるかどうか、または制限しているかどうかに関係なく、物理サーバーまたは仮想サーバーで使用できるプロセッサー・コアのことです。

サブキャパシティー・プロセッサーValue Unit課金
サーバー内の全CPUより使用CPUが少ない場合(ex:パーティション内でプログラムを稼動etc)に、使用CPUに対しプロセッサーValue Unitに基づいて課金。
(1のオプションライセンスとして位置付け)但しSW製品は限定され、購入前の申請、使用状況のレポートが必要。
→ サブキャパシティライセンスに関する情報はこちら

仮想プロセッサー・コア (Virtual Processor Core/VPC)
製品で使用できる仮想コア (vCPU)に対して課金。vCPU とは、仮想マシンに割り当てられる仮想コア、またはサーバーが仮想マシン用に区画化されていない場合に物理プロセッサー・コアに割り当てられる仮想コアです。

ユーザ(USER)課金
製品を使用する人に対して課金

ソケット(Socket)課金
導入するサーバーの実搭載ソケットに対して課金

サーバ課金
サーバーの台数ごとに課金。

許可ユーザ課金
Authorized User ライセンス
名前の特定の有無に関わらずSWを使用する1個人に対し課金
ライセンスサーバーを立てる必要がある製品もあります。

同時接続ユーザ課金
Concurrent User ライセンス
直接・間接的にサーバーに同時アクセスするユーザー数に対し課金

Floating User ライセンス
製品をインストールしたクライアントマシンを同時起動する数に対し課金。
ライセンスサーバーを立てる必要がある製品もあります。

登録ユーザ課金
Registered User ライセンス
レジストリーに記載された名前を特定できる1個人に対し課金。

PAGE TOP