IBM Db2 Warehouse 概要

次世代データウェアハウス ソフトウェアアプライアンス

Dockerでデプロイ、最大60ノードまでスケール。
統合化されたSpark環境で機械学習処理にも対応。
スモールスタートから大規模DWHまで対応可能な新たなコンセプトから生まれたDWH製品です。

IBM Db2 Warehouse

Db2 Warehouseの特長

高速性
インメモリーカラムDB処理と超並列アーキテクチャにより、大量データの分析処理を高速化。Spark統合分析基盤によりR, Pythonを使用した機械学習処理をDWH上で実現。従来RDBと比較して圧倒的な分析処理の高速化を実現。
柔軟性
スモールスタートから大規模構成まで柔軟にスケールアップ & アウト可能なアーキテクチャ。迅速かつ簡易にDWH環境そのものを配置、移動可能。Hadoopや異種RDBといった様々なデータストアとのデータ連携機能を標準搭載。
簡易性
分析用途に予め最適化されたDockerコンテナで提供され、物理設計やDBチューニングはほぼ不要。ノード追加時のパーティション構成変更を自動化。プライベートクラウド環境での運用を想定したシンプルなバックアップ、バージョンアップ運用が可能。

Db2 Warehouse の Spark Analytics Engine 統合

Spark アプリケーション準備不要でメリット最大限

Spark の実行エンジンをデータベースエンジンを統合環境として構成することで、データへのアクセスのレイテンシを最小限に抑え、最適化された共有メモリ(プロセス間通信)を利用したデータ転送を実現。Spark の標準的な機械学習アルゴリズムを Db2 Warehouse のデータに適用したときに大幅な速度向上メリット。大きなデータセットを Spark アプリケーションと DB 間で処理するようなケースで大きなメリット

Db2 Warehouse の Spark Analytics Engine 統合

Db2 Warehouse 参考定価

クラウドライクな vCPU 単位での月額課金体系 + 仮想環境・クラウド環境への導入が可能

DWH格納生データ2TB 想定 月額単価 34,100 円 参考スモールスタート構成 月額272,800 円

参考スモールスタート構成( SMP )

参考スモールスタート構成( SMP )
Db2 Warehouse VPC (SW)  + 保守
OS RHEL
シスコ UCSサーバー 8コア/64GB RAM / SSD 2TB

※ 参考スモールスタートDb2 Warehouse (SW)価格 : 34,100円×8VPC=272,800円/月
※ Db2 Warehouse はdocker稼動がサポートされる物理/仮想環境でサポートされるため、オンプレミス、プライベート、パブリッククラウド上の物理/仮想環境で稼動します。
※ 1ヵ月分から購入できるサブスクリプションタイプのライセンス。(永続ライセンスは別途あり)※ Virtual Processor Core (VPC) 課金。物理環境ではコアに課金、仮想・クラウド環境では vCPU に課金。仮想の場合でもライセンス管理ツール(ILMT)不要(マニュアルライセンス管理必要)

Db2 Warehouse MPP 構成例

最小3台構成~参考6台構成

※ MPP構成では、IBM Spectrum  Scale (GPFS) を追加します。

Db2 Warehouse MPP 構成例

MPP構成 最小3台構成参考6台構成
数量数量
IBM Db2 Warehouse + 保守 72 144
IBM SpectrumScale + 保守 6 12
シスコ UCSサーバー + 保守 3 6
IBM Flash ストレージ + 保守 1 1
SANスイッチ + 保守 2 2
10G イーサネットスイッチ 2 2
OS RHEL 3 6
PAGE TOP