IBM Aspera 概要

「IBM Asperaハンズオンセミナー」開催! 詳しくはこちら

Asperaとは

Aspera

ファイル・サイズ、距離、ネットワーク環境を問わず、
全世界のデジタル・データを最高の速度で転送

画期的な転送プロトコルにより、既存WANとハードウェアを活用してFTPやHTTPに比べて数十~百倍の高速化を実現。さらに徹底したセキュリティ、100パーセントの高信頼性、優れた帯域幅制御を提供。
Networkインフラを増強しなくても、Asperaソフトウェアを導入するたけで、高速転送基盤を構築できます。

Asperaとは

Asperaのできること

Asperaのテクノロジー 「FASP™」

Fast And Secure Protocol

Aspera 社が独自に開発した“高速かつセキュアなプロトコル”

遅延やパケットロスで、期待した応答時間で受信確認できないと自動的に減速するTCP/IP 通信(FTP, HTTP)に対して、Asperaの通信(FASP)はパケット到達順序に制約はなく、パケットロスが発生しても、転送レートを下げずに転送は継続可能です。

特許技術 FASP

特許技術FASP™による⾼パフォーマンス・⾼信頼性を実現

特許技術FASP(Fast And Secure Protocol)による⾼パフォーマンス・⾼信頼性を実現

Asperaの転送技術

高速ファイル転送の実現
  • 既存ネットワークに最適な伝送効率
  • ファイルサイズ、転送距離、ネットワーク条件に関わらず、高パフォーマンスでファイル転送可能
高信頼性
  • 独自アルゴリズムによるデータ整合性チェックと再送処理を行い、高信頼性を確保
  • 回線遮断時の自動リトライ機能、レジューム機能
強靭なセキュリティー
  • ユーザー/エンドポイント認証(SSH)
  • 暗号アルゴリズムにAES-128を採用, FIPS対応
    • 転送中のデータを暗号化
    • ファイルの暗号化(ファイルを暗号化/複合化しながら送受信, 暗号化したまま保存も可)
優れた帯域幅制御
  • 未使用の帯域を検出しフルに活用、転送率および終了時間を個別設定が可能
ソフトウェアのみで実現
  • 追加のインフラ投資不要で様々な環境(on-pre、Cloud、PC、Web、モバイル)に対応

Aspera on Cloud

  • 必要な時にすぐに利用したい
  • 運用費にお金をかけたくない
  • できれば構築費用もゼロで
  • 保守/アップグレード(機能拡張)も任せたい

→ IBM Aspera on Cloud がおすすめです!!

組織が大容量ファイルをセキュアかつ信頼して転送するためのホスティング・サービス。無類のスピードでデータ・セットをオンプレミス環境やマルチ・クラウド環境をまたがって転送。

Aspera on Cloud

三種類のエディション

三種類のエディション

トライアル環境について

IBM Aspera on Cloud無償ハンズオン

ご利用手順

  1. IBM Aspera Hands-on Lab」にアクセスします。
  2. 画面右にある 「Please log in to be able to reserve an instance.」 のリンク箇所をクリックしてください。
  3. "Log in" をクリックし、IBMid を使ってログインします。
    # IBM アカウント(IBMid)をお持ちでない場合は、新規作成してください。
  4. Country(国)、利用時間(Try it for)、利用条件(terms of use)を確認・セットし、"Reserve instance" を押してください。
  5. (しばらく待つと)件名「Your IBM Demonstration is Ready!」のメールが届きますので、内容に従ってログインしてください。
    ※ハンズオンでは Skytap を利用します。
    ※各 Aspera 製品の使い方については、上記「1.」左半分にガイドがございます。)

ネットワールドオリジナル「Aspera on Cloud トライアルスタートアップガイド」配布中!
「ぜひ試してみたい!」「製品詳細を説明してほしい!」そんな声にネットワールドはお応えします。
お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PAGE TOP