EMC PowerScale 製品概要

Dell EMC PowerScaleはスケールアウトNASストレージ 「Isilon」のエントリーモデルです。
Isilonの最大の特長である「OneFS(IsilonOS)」により 全ノード(筐体)をシングルファイルシステムで構成が可能です。 これにより増設時・リプレースが容易となり、 データが増える続けるファイルシステムにも柔軟に対応が可能な製品です。
また、PowerScaleでは最小構成が7TB~スモールスタートが可能となりました。

Dell EMC PowerScale
✓ スモールスタートOK
✓ 単一ファイルシステム管理
✓ Isilonシリーズとの混載OK

製品ラインナップ

  Dell EMC PowerScaleF200Dell EMC PowerScaleDell EMC PowerScaleF600Dell EMC PowerScale
ドライブ種類 0.69TB SAS SSD/1.92TB SAS SSD/3.84TB SAS SSD 1.92TB NVMe SSD/3.84TB NVMe SSD/7.68TB NVMe SSD
 ノード数 3ノード~252ノード 3ノード~252ノード
 クラスタ容量(RAW) 11.4TB~3.8 PB 46TB~15PB
 OS One FS(Isilon OS) One FS(Isilon OS)
ノード
あたり
サイズ 1U 1U
容量(RAW) 3.84 TB/7.68TB/15.36TB 15.36TB/30.72TB/61.44TB
ドライブ数 4 8
メモリ 48GB/96TB 128GB/192GB/384GB
フロントエンド
ネットワーク
10GbE(SFP+)x 2/25 GbE(SFP28)x 2 10GbE(SFP+)x 2/25 GbE(SFP28)x 2/100GbE(QSFP28+)x 2
バックエンド
ネットワーク
10GbE x 2/25 GbE(SFP28)x 2 100GbE(QSFP28+)x 2

スペックシートはこちら

IsilonシリーズとPowerScaleのポートフォリオ

IsilonシリーズとPowerScaleのポートフォリオ

PowerScaleの特長

シングルファイルシステム

全ノードで単一ファイルシステムを構成できるので
✓どこまで増設しても領域が分かれません。
✓増設時に発生するサーバーやクライアントのマウントポイントの変更、アプリケーションの変更も不要です。

シングルファイルシステム

スケールアウトNAS

従来のスケールアップ型アーキテクチャ

 

 

  • NASヘッドとディスクシェルフをそれぞれで構成される
  • ディスクの増設時にNASヘッドがボトルネックになる
  • 性能増強の為、NASヘッドの増設を行うとシステムがどんどん複雑化していく
Isilonのスケールアウト型アーキテクチャ



コントローラーとディスクが一体化されているため、容量や性能増設の場合にコントローラーによるボトルネックや複雑化が回避可能。

マルチプロトコル

マルチプロトコルによりファイル・オブジェクト・Hadoopの同時アクセスをサポートしたエンタープライズクラスの非構造化データサービス マルチプロトコル

オプションライセンス(ソフトウェア)一覧

オプションライセンス
PAGE TOP