【 2020年1月GA版リリース】ONTAP 9.7アップデート情報

2020年 1月に、NetApp FAS/AFFシリーズのOS「ONTAP 9.7」GA(General Availability)版がリリースされました。

【サポートポリシーに関する重要な変更点】
なんとこれまでメジャーバージョンが偶数(9.0、9.2、9.4)のバージョンは、サポート期間が3年間(1年間のFull Supprtと2年間のLimited Support)と短かったのですが、9.6以降はバージョンに関わらず5年間のサポートが提供されるようになりました。
よって、9.6以降は導入バージョン関係なく、5年間のサポートを受けることが可能です。

 

 ※奇数バージョン(9.1, 9.3, 9.5)+ 9.6以降:3年間のFull Supportと2年間のLimited Support(計5年間)

  偶数バージョン(9.0, 9.2, 9.4)    :1年間のFull Supportと2年間のLimited Support(計3年間)

 support.png

 

ONTAP 9.7の概要と新機能をご紹介します。

 

※以下、NetApp公式発表の参考訳をネットワールドが独自に翻訳したものとなり、内容を保証するものではございません。
 また初期リリースの時点の情報であり、製品への実装は変更される可能性がございます。

アップデートの概要

NetApp ONTAP 9.7は、データインフラストラクチャに必要な性能、データ復元力、保護、およびスケーラビリティを提供する最新世代の最先端のデータ管理ソフトウェアです。 ONTAP 9.7は、最新のデータファブリック基盤を構築します。
ハイブリッドクラウドのパワーと俊敏性を簡単に活用して、エッジ、データセンター、クラウドなど、必要な場所でデータから最大限の価値を引き出すことができます。このONTAPソフトウェアの最新リリースは、エンタープライズビジネスアプリケーションやAIおよびリアルタイム分析に最適です。

ONTAP 9.7 GAの主要な新機能は、以前に発表されたONTAP 9.7 RC1の機能を拡張します。
ONTAP 9.7 GAは、FabricPoolおよびNetApp MetroCluster FC構成をサポートしています。
このリリースでは、パブリックプレビューとしてONTAP S3を使用したオブジェクトストレージもサポートしています。

IT運用を簡素化し、柔軟なハイブリッドクラウド環境を構築するという継続的なニーズを満たすために、ONTAP 9.7は重要な新機能を導入し、新しいオールフラッシュ製品およびハイブリッドフラッシュ製品をサポートします。これらの新しい製品には、最新の処理と高度なシステムアーキテクチャが搭載されており、ワークロードをより高速に実行できます。 NetApp ONTAP System Manager(旧称OnCommand System Manager)のUIが再設計されたことにより、ONTAPの主要な機能の使用と管理がさらに簡単になりました。さらに、データ保護、セキュリティ、クラウド統合、およびスケールアウトNASにおいて進歩が見られます。

NetApp AFFおよびFASシステム、FlexPodコンバージドインフラストラクチャ、ソフトウェア定義のNetApp ONTAP SelectおよびCloud Volumes ONTAPなど、さまざまな展開オプションでこれらのONTAP拡張機能を利用できます。

ONTAP 9.7は、NetApp Support Siteから入手できます。 NetAppでは、アップグレードアドバイザーツールを使用してアップグレード計画を生成することを強くお勧めします。このツールは、NetApp ActiveIQサービスから入手できます。

ONTAP 9.7を搭載したNetApp AFFおよびFASシリーズの新規注文は、2020年2月中旬に出荷を開始する予定です。

新機能

新システムのサポート
•AFF A400オールフラッシュストレージ
この新しいミッドレンジシステムは、エンタープライズビジネスアプリケーション、AI、およびファイルサービスに最適です。 AFF A300およびAFF A320モデルよりも高いスループットを提供し、より多くのSSDをサポートし、より多くのI/Oポート接続を備えています。 NVMeとSASインターフェースSSDの両方をサポートすることにより、構成の柔軟性を提供します。
• FAS8300およびFAS8700ハイブリッドフラッシュストレージ
FAS8300は、FAS8200よりも高いパフォーマンス、ストレージ容量、およびI/Oポート接続を提供するため、FAS8200のリプレースに適しています。
FAS8700は、小型の4Uシャーシで高性能とストレージ容量を提供する新しいハイエンドシステムです。どちらのシステムも、100GbE、25GbE、32Gb FCなどのさまざまなネットワークオプションを提供し、さらにNVMe NetApp Flash Cacheテクノロジーを統合しています。
• All SAN Array AFF A700およびAFF A220システム
ONTAP 9.7を搭載し、AFF A700およびAFF A220アレイ上に構築されたこれらの専用SAN製品は、ミッションクリティカルなアプリケーションワークロードに最適です。ホストからLUNへSymmetric Active/Activeアクセスを使用することで、ストレージのプロビジョニングと管理を簡素化し、継続的なデータ可用性を促進します。これらの新しいシステムは工場で事前構成されており、ブロック(FCP、iSCSI)ワークロード専用製品として展開されます。
簡素化された管理
•強化されたONTAP System ManagerのUI
ONTAP System Managerは、REST APIに基づいた新しいダッシュボードページビューとシンプルなワークフローで再設計されました。新しいUIを使用すると、クラスターのステータスを簡単に確認し、管理タスクを完了するための迅速なアクションを実行したり、問題が発生する前にリスクを軽減したりできます。新しいONTAP System Managerコンテンツライブラリは、https://docs.netapp.com/us-en/ontap から確認できます。
•REST APIサポートの拡張
ONTAP 9.7は、ONTAP 9.6で導入されたONTAP REST APIの機能範囲を拡張します。追加のREST APIエンドポイントにより、ONTAPクラスター管理のより包括的な自動化が可能になります。
データ保護と可用性
•同期レプリケーションの追加のユースケース
NetApp SnapMirror Synchronousは、データ損失がゼロのボリューム単位の同期データレプリケーションを提供します(RPO= 0)。 ONTAP 9.7は、FC、iSCSI、NFS、およびSMBデータの既存のサポートに加えて、NVMeネームスペースの複製を追加します。また、サードパーティのデータ保護ソフトウェアで使用されるアプリケーション作成スナップショットと、LUNクローンも複製されます。
•新しいMetroCluster構成
AFF A400およびFAS8300システムでNetApp MetroCluster FCを使用すると、データの可用性を最大化できます。
•MetroClusterサポートの拡張
NetApp FlexCacheおよびFabricPoolテクノロジーがMetroCluster Business Continuityの展開でサポートされるようになりました。 FlexCacheおよびFabricPoolは、MetroCluster FCおよびMetroCluster IP構成でサポートされています。さらに、既存のネットワークを使用することにより、MetroCluster IPを展開するための時間とネットワークコストを削減できます。新しいMetroCluster IPメディエーターは、サイトの中断が発生した場合の自動切り替えも可能にします。
•NDMPバックアップの幅広いサポート
NetApp ONTAP FlexGroupボリュームは、NDMPを使用してバックアップできるようになりました。同様に、FabricPoolでプロビジョニングされたボリューム(FlexGroupおよびNetApp FlexVolボリューム)も、NDMPを使用してバックアップできます。
クラウドとの統合
• FabricPoolミラー
ONTAP 9.7では、パブリッククラウドまたはオンプレミス環境で、階層化されたコールドデータを複数のクラウドバケットにミラーリングできます。この機能により、クラウドプロバイダーやデータの場所を変更する柔軟性が向上し、1つのクラウド階層の場所がオフラインになった場合の復元性がさらに向上します。
スケールアウトNAS
• NFSv4.xのFlexGroupサポート
セキュリティとロックを強化するために、NFSv4.0とNFSv4.1がサポートされるようになりました。
•FlexVolからFlexGroupへの変換
より高いパフォーマンスを実現し、容量を拡張するために、データをコピーせずにFlexVolボリュームをシングルメンバーFlexGroupボリュームに変換できるようになりました。
•FlexGroupによるFlexCacheサポート
FlexGroupボリュームをFlexCacheでキャッシュできるようになり、100TBを超えるデータボリュームをキャッシュできるようになりました。
セキュリティ管理の改善
• 保存データ暗号化の自動有効化
暗号化対応ストレージメディアまたはONTAPソフトウェア(NetApp Volume Encryption)を使用すると、キーマネージャーを構成している限り、新しいボリュームのデータはデフォルトで自動的に暗号化されます。この機能により、データの保護がさらに簡素化されます。
•新しいセキュリティダッシュボード
Active IQ Unified Manager(以前のOnCommand Unified Manager)は、ベストプラクティスに基づいてクラスター全体のセキュリティを改善できる場所を強調するセキュリティダッシュボードを提供するようになりました。
オブジェクトストレージ
ONTAP 9.7 GAリリースでは、パブリックプレビューとしてONTAP S3のオブジェクトストレージサポートも導入されています。 ONTAPは、世界中のハイブリッドクラウドの展開を促進する業界最先端のソフトウェアにこの機能を追加することで、ファイル、ブロック、およびオブジェクトストレージをサポートし、優れた統合アーキテクチャと柔軟性を提供します。

ONTAP 9.7へのアップグレード

既存のONTAP 9.6またはONTAP 9.5のお客様は、無停止でONTAP 9.7にアップグレードできます。
NetApp ONTAPソフトウェアの以前のバージョン(7-Modeバージョンで動作するNetApp Data ONTAPを含む)を現在実行している場合、実績のあるツールとサービスのポートフォリオを活用して、ONTAP 9.7への移行を合理化できます。

ONTAP 9.7 GA リリースに関する追加情報

ONTAP 9.6以降、すべてのONTAPリリースには36か月のフルサポートが含まれています。
ONTAPサポートポリシーの詳細については、NetAppサポートサイトのソフトウェアバージョンサポートページをご覧ください。
ONTAP 9.7リリースの機能の詳細については、ONTAP 9.7リリースノートを参照してください。

ONTAP 9.7で使用する必要があるNetApp製品の付属バージョンは次のとおりです。


•Active IQ Unified Manager 9.7(2020年初頭に利用可能)
•OnCommand Workflow Automation 5.1
•NetApp Manageability SDK(NMSDK)9.7
•NetApp Service Level Manager 1.2ソフトウェア
•NetAppSnapCenter 4.2.1
•NetApp Data Broker 1.0.1
これらの製品はすべて、既にリリースされているか、またはONTAP 9.7と同時期にリリースされます。

リリースノートの参照は、NetApp SupportSiteアカウントが必要です。
アカウント作成に関するお問い合わせは、ネットワールドまでお問い合わせください。

サポートされるシステム

ONTAP 9.7 は、次のシステムでサポートされます。
NetApp All Flash FAS シリーズ
• AFF C190 
• AFF A200 
• AFF A220 
• AFF A300
• AFF A320
• AFF A400
• AFF A700s 
• AFF A700 
• AFF A800 
• AFF8080 EX / AFF8060 / AFF8040 / AFF8020

NetApp FASシリーズ
• FAS2720 / FAS2750 
• FAS2620 / FAS2650 
• FAS2520 / FAAS2552 / FAS2554
• FAS8200 
• FAS8300
• FAS8700  
• FAS9000  
• FAS8020 / FAS8040 / FAS8060 / FAS8080EX



PAGE TOP