【 2019年7月GA版リリース】ONTAP 9.6アップデート情報

2019年7月に、NetApp FAS/AFFシリーズのOS「ONTAP 9.6」GA(General Availability)版がリリースされました。

【サポートポリシーに関する重要な変更点】
なんとこれまでメジャーバージョンが偶数(9.0、9.2、9.4)のバージョンは、サポート期間が3年間(1年間のFull Supprtと2年間のLimited Support)と短かったのですが、この9.6からはバージョンに関わらず5年間のサポートが提供されるようになりました!

 

 ※奇数バージョン(9.1, 9.3, 9.5)+ 9.6~:3年間のFull Supportと2年間のLimited Support(計5年間)

  偶数バージョン(9.0, 9.2, 9.4)    :1年間のFull Supportと2年間のLimited Support(計3年間)

 support.png

 

ONTAP 9.6の概要と新機能をご紹介します。

 

※以下、NetApp公式発表の参考訳をネットワールドが独自に翻訳したものとなり、内容を保証するものではございません。
 また初期リリースの時点の情報であり、製品への実装は変更される可能性がございます。

アップデートの概要

NetApp ONTAP 9.6は、データインフラストラクチャに必要な汎用性、データ保護、および効率性を提供する、最新の主要なデータ管理ソフトウェアです。 ONTAP 9.6は今日のデータファブリック基盤を築き続けています。エッジアプリケーション、コアデータセンター、クラウドリソースの間でデータを必要な場所に移動することで、ハイブリッドクラウドのパワーを簡単に活用できます。この最新世代のONTAPソフトウェアは、従来のエンタープライズワークロードと同様に、機械学習、人工知能、ディープラーニングなどの高性能ワークロードにも最適です。

ONTAP 9.6の主な新機能には、エンドツーエンドNVMeをサポートする新しいNetApp 「AFF A320」およびエントリーオールフラッシュの「AFF C190」のサポートが含まれます。

 新しいNVMe over Fibre Channel(NVMe / FC)およびNetApp FlexCache機能が利用可能になり、またONTAP 9.6へのアップグレードにより、多くのワークロードでパフォーマンスが段階的に向上します。さらに、自動化されたデータ階層化、RESTベースのAPIを使用したシンプル化されたアプリケーションデータ管理、改善されたセキュリティとコンプライアンス、および同期レプリケーションにおけるプロトコルの追加サポートにより、クラウド中心の経済的な利益を実現できます。

他の多くの機能もクラウド中心の経済的な利益を得る助けとなります。さらに、ITゼネラリストにとって導入を簡素化するために、完全に再設計されたNetApp ONTAP System Manager(以前のOnCommand System Manager)ツールが含まれています。

NetAppエンジニアリングシステム、コンバージドインフラストラクチャ、ソフトウェアデファインドストレージなど、幅広いONTAPの展開オプションを使用して、選択したアーキテクチャを実装できます。これらのオプションは、コモディティサーバ上、サードパーティのアレイのフロント、またクラウドの近くやクラウド上で展開できます。

ONTAP 9.6はNetApp Support Siteから入手可能です。NetAppはActiveIQサービスから入手できるアップグレードアドバイザからアップグレードプランを生成することを強くお勧めします。

ONTAP 9.6を搭載したNetApp AFFおよびFASシステムの新規注文は、7月中旬に出荷開始予定です。

新機能

新システムのサポート
ITの変革において、優れた拡張性、性能、データサービスを提供するために、は新しいオールフラッシュシステムを導入しました。ONTAP 9.6でサポートされる、これらの新しく導入されたシステムとその新機能は以下の通りです。
•新モデル AFF A320とNS224 NVMeストレージシェルフ
AFF A320システムとNS224シェルフを組み合わせることで、ワークロードに対して高性能と低レイテンシを実現します。AFF A300よりも約20%高い性能を低レイテンシで実現することで、高性能データベースワークロードや人工知能、機械学習などのエンタープライズアプリケーションに最適なソリューションとなります。
• 新エントリーモデル AFF C190
AFF C190ストレージシステムは、手頃な価格でシンプルでスマート、そしてセキュアなエンタープライズクラスのフラッシュシステムを提供します。 ITゼネラリスト向けに設計されており、包括的なデータサービス、統合されたデータ保護、シームレスな拡張、新しいレベルのパフォーマンス、およびクラウド統合を提供する最新のオールフラッシュアレイにより、新しいビジネス要件を満たすことができます。
より高い性能
ITの変革において、優れた拡張性、スピード、およびデータサービスを提供するために、NetAppはより高い性能を実現するいくつかの新機能を導入しました。新しいONTAP 9.6の機能は次のとおりです。<
•NVMe/FCの機能強化
ONTAP 9.6では、ビジネスクリティカルなアプリケーションをNVMe/FCに展開できるようにするためのいくつかの機能が導入されています。NVMe/FCは、移行を支援するためののネームスペース、性能目標のための最大、およびデータ保護のためのNetApp SnapMirrorテクノロジをサポートします。
•NAS読み取り高速化
ONTAP 9.5で導入されたNetApp FlexCacheがNetApp Cloud Volumes ONTAPでもサポートされるようになるため、ハイブリッドクラウド環境においてFlexCacheの利点を享受できます。
データ保護と可用性
•同期レプリケーション
NetApp SnapMirror Synchronousは、データ損失ゼロ(目標復旧時点= 0)で高速データ復旧(目標復旧時間短縮)のためにボリューム単位の同期データレプリケーションを提供します。 ONTAP 9.6は、FC、iSCSI、およびNFSv3に加えて、NFSv4とCIFS / SMB 2.0以降が利用可能です。
•MetroClusterの機能強化
4ノードAFF A220や4ノードFAS275を含むエントリーモデルにおいて、NetApp MetroCluster IPを使用してデータの可用性を最大限に高めることができます。MetroCluster IPネットワークトラフィック用に予備の帯域幅を持つ既存のサイト間リンクを使用する機能もサポートされています。 MetroCluster(FCおよびIP)とNetApp ONTAP FlexGroupの相互運用性もサポートされています。  
クラウドへの自動データ階層化
• ターゲットのクラウド層追加
FabricPoolにおいて、Google Cloud StorageとAlibaba Cloud Object Storage Serviceへの階層化が可能になりました。
• プライマリボリューム内のすべてのデータブロックを階層化する階層化ポリシー「All」
「All」ポリシーは、取り込まれたすべてのユーザーデータ(L0ブロック)をすぐにクラウド層に移動します
セキュリティの強化
• NetApp SnapMirrorテクノロジとFlexCacheのネットワーク上の暗号化
Transport Layer Securityバージョン1.2(TLS 1.2)を使用することで、レプリケーションとリモートキャッシュにおいてにデータを安全に転送できます。 
•マルチテナントキー管理
各ストレージ仮想マシン(テナント)は、独自のKey Management Interoperability Protocol(KMIP)準拠のキー管理サーバーで構成できるようになりました。
•アグリゲート暗号化
アグリゲート重複排除を有効にするために、アグリゲートレベルの暗号化を使用して、暗号化するボリュームのキーをアグリゲートに割り当てます。アグリゲートに作成したボリュームは、デフォルトで暗号化されています。
•自己暗号化ドライブ(SED)
SED機能により、ONTAP 9.6は新しいNVMe SSD製品上のデータを保護するための認証キーを提供します。
管理性の向上
• SystemManagerの機能強化
System Managerは、新しいダッシュボードページビューと、REST APIに基づく、より簡単なワークフローで再設計されました。新しいUIにより、ネットワークトポロジとストレージ資産の全体像を把握し、オンプレミスとクラウド容量の使用状況に関するインテリジェントなレポートを作成できます。
•拡張REST APIサポート
ONTAP 9.4で最初に導入されたONTAP REST APIは、ほとんどのONTAP設定および管理タスクをサポートするようになりました。 ONTAP 9.6のREST APIには、クラスタセットアップ、プロトコル設定、プロビジョニング、性能モニタリング、およびデータ保護といった主要な分野が含まれています。
•簡素化されたクラスタセットアップ
ONTAP 9.6を実行しているシステムはネットワーク上で自動的に検出されるようになったため、クラスタセットアップを開始するためにネットワークアドレスを入力する必要がなくなりました。
FlexGroupスケールアウトNASコンテナ
•SMB Continuous Availability(CA)ファイル共有のサポート
CAファイル共有は、SMBを活用するMicrosoft SQL ServerやHyper-VなどのSMB環境での中断を減らすのに役立ちます。

ONTAP 9.6へのアップグレード

既存のONTAP 9.5のお客様であれば、無停止でONTAP 9.6にアップグレードできます。以前のバージョンのNetApp ONTAPソフトウェア(7-Modeバージョンで動作するNetApp Data ONTAPを含む)を現在実行している場合は、実績のあるツールとサービスのポートフォリオを活用してONTAP 9.6への移行を効率化できます。

ONTAP 9.6 GA リリースに関する追加情報

•ONTAP 9.6以降、すべてのONTAPリリースに36か月のフルサポートが含まれるようになります。 ONTAPサポートポリシーの詳細については、NetApp SupportSiteのソフトウェアバージョンサポートページをご覧ください。

•ONTAP 9.6リリースの機能の詳細については、ONTAP 9.6 リリースノートを参照してください。

•ONTAP 9.6で使用する必要があるNetApp製品の付属バージョンは、Active IQ Unified Manager(以前のOnCommand Unified Manager)9.6、OnCommand Workflow Automation 5.0、およびNetApp Manageability SDK(NMSDK)9.6です。さらに、NetApp Service Level Manager 1.3ソフトウェアおよびNetAppSnapCenter 4.1ソフトウェアは、ONTAP 9.6で使用する必要があるバージョンです。これらの製品はすべて、以前にリリースされたか、またはONTAP 9.6と同じ週にリリースされる予定です。

•ONTAP 9.6では、OnCommand System ManagerはONTAP System Managerに変更され、OnCommand Unified ManagerはActive IQ Unified Managerに変更されました。。

リリースノートの参照は、NetApp SupportSiteアカウントが必要です。
アカウント作成に関するお問い合わせは、ネットワールドまでお問い合わせください。

サポートされるシステム

ONTAP 9.6 は、次のシステムでサポートされます。
NetApp All Flash FAS シリーズ
• AFF C190 
• AFF A200 
• AFF A220 
• AFF A300
• AFF A320 
• AFF A700s 
• AFF A700 
• AFF A800 
• AFF8080 EX / AFF8060 / AFF8040 / AFF8020

NetApp FASシリーズ
• FAS2720 / FAS2750 
• FAS2620 / FAS2650 
• FAS2520 / FAAS2552 / FAS2554
• FAS8200 
• FAS9000  
• FAS8020 / FAS8040 / FAS8060 / FAS8080EX



PAGE TOP