NetApp ストレージ統合

FlexGroup

単一のネームスペースとしてアクセス可能な大容量NAS領域を作成

FlexGroupは、シングルネームスペースとしてアクセス可能な大容量NAS領域を作成する機能です。
最大20PBのボリュームの領域を、1ボリュームとしてアクセス可能です。
特にペタバイト規模(数十億個のファイル)の大容量と性能が求められる、製造・メディア・研究開発の領域などに向くソリューションです。

※ONTAP 9.1~対応

FlexGroupの特長

  • FlexGroup内の複数のFlexVolメンバー間でワークロードを自動的に分散することで、大容量と高いパフォーマンスを実現
  • ノードやアグリゲートをまたいだFlexGroupボリュームを利用することで、すべてのクラスタハードウェアを効率的に利用可能
  • OnCommand SystemManagerから簡単かつ迅速にFlexGroupボリュームを作成・管理が可能
  • ONTAPの優れた容量削減機能を使用できるので、大量のデータの使用容量を抑えることが可能

FlexArray

既存のストレージアレイを仮想化し、ONTAPで管理

FlexArrayは、EMC、HPE、IBM、日立、富士通、NetApp Eシリーズの既存のストレージアレイをFASコントローラに接続することで、ONTAPで管理可能なボリュームとして構築することが可能です。
こうして作成されたボリュームにおいては、ONTAPの優れた各種機能を利用することが可能です。
既存資産を有効活用でき、またSAN/NASを含むストレージの統合が可能なので、機器費用と管理者の負担の削減につながります。

※FAS8000シリーズ以上のモデルで対応

FlexArrayの特長

  • SAN・NAS問わず、また他社製含む既存のストレージを有効活用できるので、不要な投資を抑制可能
  • 機能の少ないストレージであっても、ONTAPの優れたデータ管理機能や保護機能、容量削減機能を利用して運用が可能
  • 分散したストレージ環境を統合することで、管理者の負担軽減が可能
PAGE TOP