NetApp SnapManager for SQL Server

SQLServerにおけるデータ管理の効率化と可用性の向上

SnapManager for SQL Serverとは、作業が複雑になりがちなSQL Serverのバックアップ・リカバリ作業をはじめとした、日常的なタスクを容易に管理することができるツールです。SnapManager for SQL ServerはMicrosoftテクノロジと密接に結合されており、SQLデータベースとそのデータに関連付けられた物理ストレージとの間に抽象化レイヤを提供します。

特徴

日常のデータ管理タスクを自動化し、生産性の向上を実現

SnapManager for SQL Serverは、使いやすいグラフィカルユーザインターフェイス(GUI)を通じて、バックアップ、リカバリ、データ複製などの日常的なデータ管理タスクを自動的に実行することができます。ルーチンタスクを自動化することで、ストレージ管理者は付加価値提供のためのタスクにより多くの時間を割り当てることが可能になります。

Snapshotによる瞬時のバックアップと迅速なリストアを実現

SQLServerと連携した Snapshot 機能によって、高速かつ整合性のとれたバックアップを可能にし、バックアップに要する時間を数時間から数秒にまで短縮できます。Snapshotのコピーをベースにしているため、データベースのサイズや数に関係なく、同時かつ瞬時にバックアップが行え、必要となるディスクスペースはフルバックアップとの差分だけですみます。
同様に SnapRestore 機能によって、 数時間~数日を要していたリストアについても、数分にまで短縮することが可能なので、アプリケーションのダウンタイムを最小限におさえ、可用性を向上することが可能です。

オンラインでの拡張・縮小が可能

Microsoft SQL Server やNetApp ストレージをオフラインにすることなく、ストレージ容量を容易に拡張・縮小可能です。

災害対策(DR)を容易に実現

SnapMirror と組み合わせることで、取得したSnapshotをリモートのセカンダリストレージに複製することが可能です。
手動での複雑かつ面倒な操作を実施することなく、容易にディザスタリカバリを実現することが可能です。

SQLサーバとNetAppの連携

SQLサーバとNetAppの連携

PAGE TOP