Unity XT 製品概要

UnityXT.pngDell EMC Unity XTシリーズはエントリーからミッドレンジまでの幅広いレンジでのお客様に選ばれているストレージです。 さらにUnityXTシリーズは全モデルSAN・NAS両方で使用可能なユニファイドストレージの為、様々な用途に1台で対応できるのが魅力です。

製品ラインナップ

 オールフラッシュモデルハイブリッドモデル仮想モデル(VSA)
選定の
ポイント
容量をSSDのみで構成されるモデル

パフォーマンスを求められる環境におすすめ
重複排除・圧縮機能も使用可能なので、容量の効率化も期待できます。

主な用途:
VDI環境やデータベース用途など
容量をHDDとSSDで構成されるモデル

HDDのみでの構成も可能
パフォーマンスよりも容量を重視する環境におすすめ

主な用途:
ファイルサーバー用途や仮想環境など
使用可能なディスク種類は
・HDD:SAS/NL-SAS
・SSD:SSD
UnityシリーズのVirtual Edition

上記の物理モデルと組合せて、支店やDR先としての利用がおすすめ

主な用途:
支店やDR用のデータ保管など
 UnityXT 380F/380UnityXT 480F/480UnityXT 680F/680UnityXT 880F/880
搭載ドライブ数 6~500本 6~750本 6~1,000本 6~1,500本
CPU(SPあたり) Broadwell
6コア/1.6Ghz
Skylake
16コア/1.8Ghz
Skylake
24コア/2.1Ghz
Skylake
32コア/2.1Ghz
メモリ(メモリあたり) 64GB 96GB 192GB 384GB
RAID構成 RAID1/0、RAID5、RAID6
最少構成 2U
最大容量(未フォーマット時) 2.4PB 4.0PB 8.0PB 16.0PB

特長

ユニファイドストレージ

Unityはファイルサーバー用途、ブロック用途の両方に使うことが可能です。ユニファイドストレージ

日本語対応済み

管理運用画面は全て日本語対応済みです。 Unisphere(Unityの管理ツール)にはブラウザからアクセスが可能です。日本語対応済.gif

ライセンスが全てバンドル済み

Unityには下記ソフトウェアが全て標準搭載されています。セキュリティー関連から、QoS、データの自動階層化機能、キャッシュ機能も入っているので、追加購入の必要がありません。
※オールフラッシュモデルにはFASTCache、FASTVPはつきません。

Unity( Hybrid/All Flash)ソフトウェア パッケージ
Unity
ソフトウェアパッケージ
Unity
オールフラッシュ
Unity
ハイブリッド
オールインワン
ベース
ソフトウェア
オールインワン
エッセンシャル
ソフトウェア
管理機能 Unisphere&Central,
Proactive Assist, QoS,
ESA Adapter
統合型
プロトコル
File, Block, VVOL
ローカル保護 暗号化,ウイルス
対策ローカル
コピー
(スナップショット)
Remoto Protection リモート
レプリケーション
RecoverPoint
BasicとVM用
パフォーマンスの最適化 FAST Cacheと
FAST VP
 
エコシステムの統合 VMware,Microsoft,
OpenStack
(VSI,VASA,ESI,
MMC,SCOMなど)
Unity VSA(仮想版)ソフトウェアパッケージ
Unity(仮想版)
ソフトウェアパッケージ
オールインワン
ベース
ソフトウェア
管理機能 Unisphere&Central,
Proactive Assist, QoS,
ESA Adapter
統合型
プロトコル
CIFS,NFS,iSCSi
ローカル保護 ウイルス対策
ローカルコピー
(スナップショット)
Remoto Protection リモート
レプリケーション
パフォーマンスの最適化 FAST VP
エコシステムの統合 VMware
(VSI,VASAなど)
PAGE TOP