Arcserve Backup 製品概要

データ保護の大黒柱!柔軟なバックアップと一元管理

Arcserve Backup

Arcserve Backup は、使いやすい日本語ユーザインターフェイスを備え、ディスク、テープ、クラウドへのバックアップはもちろん、バックアップ データのサイズを大幅に削減する重複排除機能や、法令遵守に活用できる監査証跡の保管機能など、多様なバックアップ/ リストア機能を標準搭載したソフトウェアです。

18.0新機能

Arcserve Backup 18.0/プラットフォーム・アプリケーション・機能追加

  • Microsoft Windows Server 2019
  • VMware vSphere 6.7、6.7 Update 1
  • Microsoft SQL Server 2017
  • Microsoft Exchange Server 2019
  • セキュリティ脆弱性強化 (TLS 1.2 対応)
  • Arcserve UDP 7.0との連携強化 (RPS の増分バックアップ)

ベース機能

多様なバックアップ方法と確実なリカバリを実現

多様なバックアップ方法と確実なリカバリを実現

テープ、ディスク、クラウド、アーカイブなど多彩な保管方法に対応

基本的なバックアップのD2D(Disk to Disk)やD2T(Disk to Tape)、D2D2T(Disk to Disk to Tape:ステージング)やD2D2C(Disk to Disk to Cloud:ステージング)はもちろん、D2C(Disk to Cloud)といった高度なバックアップ機能を備えています。ディスクの持つパフォーマンスとテープの持つ耐久性、クラウド の利便性を使い分けることができ、より堅牢なバックアップ体制を実現します。長期保管が必要なデータも、アーカイブ機能で安価な記録装置や書き換え不可の 媒体にデータを移して保管できます。これらの機能によって、ストレージ効率を高め、コスト削減を実現します。

ディスクを無駄なく活用できる「データ重複排除」機能を搭載

増え続けるデータを効率的にバックアップするのが「データ重複排除(データデデュプリケーション)」機能です。データの重複をファイル単位ではなく、小さな ブロック単位で排除することで、無駄なく効率的なバックアップ/リカバリが可能になります。バックアップデータの容量を大きく削減できるため、必要なストレージ 容量も大幅に抑えることができます。「データ重複排除」機能は標準で利用でき、全エージェント製品との併用をサポートしています。

ディスクを無駄なく活用できる「データ重複排除」機能を搭載 1回目のバックアップ

ディスクを無駄なく活用できる「データ重複排除」機能を搭載 2回目のバックアップ

PAGE TOP