徹底検証!Arcserve,UDP Cloud Hybrid バックアップ担当・メーカーSE集めて座談会 潜入ブログ

【ガチ座談会】メーカー×SE超検証!Arcserve「独自」のクラウドバックアップUDP Cloud Hybridって、ぶっちゃけ使いやすいの?

バックアップベンダー各社がクラウドに注力する中、独自クラウドバックアップ製品で注目を集めるArcserve

でも、果たしてその使いやすさは「本物」なのでしょうか?

Arcserveさんが展開するクラウドバックアップソリューション“Arcserve UDP Cloud Hybrid”の実力を探るため、今回、わたくしNetworldマーケター・上田が座談会形式のフリートーク企画ご用意!

ストレージ・バックアップ技術を束ねる敏腕マネージャー×バックアップ20年選手のベテランSE×入社以降Arcserve一筋の2年目若手SE、さらにはメーカーさんも交えた最強布陣に、Cloud Hybridを本音トーク&ガチ環境vs社内検証環境で徹底検証してもらいました。

本記事では、座談会の様子を上田本人がわかりやすくおまとめ。イベント動画へのリンクも貼っているので、ぜひ最後までお楽しみください。

「本物」を見極める上田。ちがいます、ラーメン屋じゃありません

「本物」を見極める上田。ちがいます、ラーメン屋じゃありません

本編に入る前に~Arcserve UDP Cloud Hybridを使ってみた若手SEの感想は?~

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「さて、どうでした?Arcserveさんのクラウドサービス“Arcserve UDP Cloud Hybrid”を使ってみた感想は」

Networld SE永田

Networld SE永田

「そうですね、正直………」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「………」

Networld SE永田

Networld SE永田

「……すごく!使いやすいですね」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「ちょっと、変な間やめてくださいよ(笑)そうでしょう、そうでしょう!」

Networld SE永田

Networld SE永田

「すみません(笑)でも真面目な話、コンソールなんてオンプレ版と同じで、お手軽にクラウドバックアップできちゃいますね」

Networld SE松村

Networld SE松村

クラウドへのリアルなパフォーマンス検証をがっつり検証してましたもんね

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「なるほど、それは結果が楽しみですね。どんなパフォーマンスだったのでしょうか?さっそく“Arcserve UDP Cloud Hybrid”の実力をひも解いていきましょう」

和気あいあいの座談会

和気あいあいの座談会

Arcserve UDP Cloud Hybridって何者?

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「オンプレミスのバックアップソリューションでは、ベンダーさんそれぞれやや頭打ちになっている現状で、クラウド対応状況に差が出始めました。そんな中で、“独自クラウド”を活用したArcserveさんのUDP Cloud Hybridが注目を浴びていると

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「ランサムウェア対策などを理由に、クラウドバックアップを考えるお客さまは増えています。おっしゃるとおり、ベンダーさんごとにクラウド対応に力を入れている企業と、そうでないところがありますが、弊社ではクラウドサービスとしてArcserve UDP Cloud HybridとArcserve UDP Cloud Directの2製品を展開しています」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「ふむふむ。2製品の違いってなんでしょう?名前の印象からすれば、Hybridはクラウドとの掛け合わせ、Directはそのままクラウドにっていう感じですが」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「ひとことで言えば、バックアップサーバを必要としているかどうかの違いですね。Cloud Hybridはすでにオンプレ版UDPを利用しているユーザ様向けに、Directはバックアップサーバ無しでクラウドバックアップができるため、拠点が多数あってサーバを立てられないときなどのご利用を想定しています」

セミナーでは、難しい内容を Veeamさん(顔出し名前出し声出し NG。といいつつ、ラストは満面の笑みで登場しているので、ぜひ動画でチェックしてください)が資料を使ってわかりやすく解説してくれた
Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「なるほど。で、今回はArcserve UDP Cloud Hybridを検証したというわけですね」

Arcserve UDP Cloud Hybridの特長①3分で完了!バックアップ設定

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「近藤さん、UDP Cloud Hybridってまだ若い製品ですよね?」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「そうですね、登場して2~3年目になるかな」

Networld SE永田

Networld SE永田

「私と社会人歴一緒だ」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「バックアップ製品も社会人歴っていうの?(笑)でも、新卒入社してからずっとUDP触ってるもんね。実際どう?UDP Cloud Hybridの使い心地は

Networld SE永田

Networld SE永田

「中身UDPといっても過言ではないくらい、操作が簡単ですね。Arcserveさんはマニュアルも豊富で助かっていますが、それすら不要なくらい直感的にクラウドバックアップできちゃいます」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「ありがとうございます。ユーザはオンプレミス側の設定をするだけなので、実質3分程度で利用できちゃいますね」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「さ、3分!?」

3分という速さにびっくりする、Networldマネージャーの図

3分という速さにびっくりする、Networldマネージャーの図

Networld SE永田

Networld SE永田

「(無視しよう)たしかに設定はそのくらいだったかも」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「そうですね、①アカウント情報を入手(Eメールで送信)したら、②メールに沿ってオンプレミスコンソールとCloud Hybridコンソールを接続していただき、③既存のバックアップ設定にレプリケート設定含むバックアッププランを作成・実行すれば、スケジュールに従って自動でレプリケート開始となります」

Networld SE松村

Networld SE松村

「オンプレミス側の設定だけでいいんですか?」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「Cloud Hybridでは、オンプレミス側とクラウド側で2つのUDPコンソール体制になりますが、クラウド側はすでにバックアップ設定が済んでいるため、ユーザはオンプレミス側の設定だけでバックアップを実行できます」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「なるほど。パブリッククラウドと連携する場合はクラウド側の設定が必要ですが、独自クラウドを活用したArcserve UDP Cloud Hybridなら、クラウド上でバックアップサーバを選択するだけでいいってことですね」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「そうです。ユーザはURLとユーザ名/パスワード設定さえあれば、簡単にバックアップできるというのが特長の1つです」

面倒な設定作業はほとんど不要。既存のバックアップ設定に追加するだけでOK

面倒な設定作業はほとんど不要。既存のバックアップ設定に追加するだけでOK

Arcserve UDP Cloud Hybridの特長②BaaSとDRaaSで幅広い要件にマッチ

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「もう1つ概要を説明しておくと、Cloud Hybridでは、現在2つのサービスを展開しています」

Networld SE永田

Networld SE永田

BaaSDRaaSですね」

面倒な設定作業はほとんど不要。既存のバックアップ設定に追加するだけでOK

【BaaS】

  1. オンプレミスに設置したUDPのRPS(復旧ポイントサーバ)へバックアップ
  2. クラウド上のRPSへレプリケート

【DRaaS】

  1. BaaSと同様
  2. BaaSと同様
  3. クラウドに送ったデータをもとにサーバとして起動し、本番環境の代替環境として活用
Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「そうです。BaaSはとりあえずクラウドにバックアップをとって最低限の準備を進めたお客様向け、DRaaSはさらに事業継続性を高めたいお客様向けのサービスです」

【ここまでの上田ひとまとめ】

  1. Arcserveのクラウドバックアップ製品は以下の2つがある
    Cloud Hybrid ― クラウドと既存UDPの『掛け合わせ』でバックアップをとる
    Cloud Direct ― バックアップサーバ不要でクラウドに『直接連携』する
  2. Cloud Hybridは約3分でバックアップ設定が可能
  3. Cloud Hybridは2つのサービスを展開している
    BaaS ― クラウドバックアップ初心者向け
    DRaaS ― より事業継続性を高めたい企業向け

Arcserve UDP Cloud Hybridをガチ検証してみた

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「とまあ、ここまでは基本情報として。本番はここからですよ。Cloud Hybridへのレプリケーションパフォーマンスやいかに、ということで」

Networld SE永田

Networld SE永田

「今回の検証内容はこんな感じです」

【検証の意図】

  1. 転送速度 -WAN側へのデータ速度の確認
  2. 安定性 -タイミングによるパフォーマンスのばらつきの確認

【検証パターン】

  1. LAN内のレプリケート
  2. Cloud Hybridへのレプリケート

【検証方法】

  1. プランを作成
    タスク①エージェントベースバックアップ
    タスク②リモート管理RPSへのレプリケート
  2. プランを実行
  3. バックアップ完了ごとに、対象データを入れ替え
    対象データ:120GB
    Cドライブ:20GB/Eドライブ100GB(10GB×10)
  4. 2~3を繰り返す(完全バックアップ1回、増分バックアップ5回)
  5. ログを取得し平均値で結果を作成
Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

LAN内とインターネットを利用した場合を比較検証するということですね」

Networld SE永田

Networld SE永田

「そうですね。こちらは図で検証環境を表したものです」

【LAN内のレプリケート検証環境図】

【LAN内のレプリケート検証環境図】

【Cloud Hybridへのレプリケート検証環境図】

【Cloud Hybridへのレプリケート検証環境図】

LAN vs クラウドは驚きの結果に

Networld SE永田

Networld SE永田

「先に結果からご覧いただきますと…こちらがLAN内のレプリケート結果で」
※データはあくまで検証結果であり参考値です

【バックアップ】

【バックアップ】

【レプリケート】

【レプリケート】
Networld SE永田

Networld SE永田

「そしてこちらがCloud Hybridへのレプリケート結果です」
※データはあくまで検証結果であり参考値です

【バックアップ】

【バックアップ】

【レプリケート】

【レプリケート】
Networld SE永田

Networld SE永田

「まとめると、24時間で転送できるデータ量は120~500GB程度で、10TBのデータを転送する場合、だいたい1233時間(51日)程度かかりますね」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「…」

Networld SE松村

Networld SE松村

「……」

結果に切なくなる大人2人

結果に切なくなる大人2人

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「………もう少し…出るはず…なんだけどな……」

切ない大人もう1人追加

切ない大人もう1人追加

Networld SE永田

Networld SE永田

「この空気になることは想定の範囲内です。安心してください、実はガチ環境でも検証しています」

Networld SE永田
Networld SE永田
Networld SE永田

切ない大人3人

「!!!」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「いやそうですよね!これじゃあ終われませんよ!!なんだ永田さんやり手だな!」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「落としてから上げる。永田さん、営業のなんたるかを知ってますね?」

永田さんの回しに沸く3人。ひと安心

永田さんの回しに沸く3人。ひと安心

Networld SE松村

Networld SE松村

「その結果で、インターネット回線次第でパフォーマンスがどう変わるかがわかるってことですね!」

Networld SE永田

Networld SE永田

「そういうことです!さっそく、ガチ環境の検証結果を見ていきましょう」

【ここまでの上田ひとまとめ】

  1. ネット環境次第でパフォーマンス結果が変わるかも?
  2. 永田さんは魅せ方がお上手

ガチ環境 vs 社内検証環境は納得の結果に

Networld SE永田

Networld SE永田

「ガチ環境はこんな感じです」

【ガチ環境構成】

  1. 高速LANネットワーク環境
  2. 220GBの実稼働サーバ
  3. Max475Mbpsのインターネット環境
Networld SE永田

Networld SE永田

「結果はこちら」
※データはあくまで検証結果であり参考値です

【バックアップ】

【バックアップ】

【レプリケート】

【レプリケート】
Networld SE永田

Networld SE永田

「まとめると、24時間で転送できるデータ量は1.5~1.9TB程度で、10TBのデータを転送する場合、だいたい145時間(6日)程度かかりますね」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「うん!妥当じゃないでしょうか。もっと速い回線速度なら、もっといい結果が出ると」

Networld SE永田

Networld SE永田

「そうですね。インターネット回線の速度でCloud Hybridのパフォーマンスは大きく変わるといえます。あとは、タイミングでスループットに差が生じたので、時間帯によってクラウドへのデータ転送は若干パフォーマンスが不安定になるともいえるでしょう」

【ここまでの上田ひとまとめ】

  1. クラウドバックアップの場合、インターネット回線速度がパフォーマンスに大きく影響する時間帯によって、パフォーマンスがやや不安定になる可能性

検証で終わりじゃない!クラウドバックアップで課題を解決するために

Networld SE永田

Networld SE永田

「Cloud Hybrid検証は以上です。検証結果は外部の影響があるとして、実際に触った感想としては、やっぱりクラウドバックアップがものすごく簡単だったということですね。既存のUDPにタスクを追加するだけだったので」

Networld SE松村

Networld SE松村

「重原さんも言ってましたが、やっぱりパブリッククラウドだとどうしても設定に時間がかかりますからね」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「そういった意味では、時間的なコストカットの面も持っているといえますね。ただ、検証結果にもあったように、インターネット回線など、Cloud Hybridをとりまく環境も大きくクラウドバックアップパフォーマンスに関係すると」

Arcserve 近藤さん

Arcserve 近藤さん

「おっしゃるとおりです。Cloud Hybridを組み込んでいただく場合、さまざまな要素を考慮したプランニングが必要です」

Networld マネージャー重原

Networld マネージャー重原

「もっと実案件ベースで考えなきゃいけませんね」

Networld SE松村

Networld SE松村

「私が去年担当した案件があって、それがちょうど今回の検証と同じく10TBファイルサーバのバックアップを取得するというものだったんですけど………」

…と、いうわけで!実案件をテーマに、クラウドバックアップをより深堀した内容はぜひ動画をチェックしてみてください!Networldの事例をもとに、もっとわかりやすく解説しています。

クラウドバックアップにピン!ときた方、もしくは頭を悩ませているみなさん。ぜひArcserve UDP Cloud Hybridを検討してみてはいかがでしょうか?お困りごとがあれば、Networldにまずは一度お問い合わせください!

© Networld Corporation 2004 All Rights Reserved.