Hewlett Packard Enterprise Primera ストレージ製品概要

HPE Primeraの特長

HPE Primera(プライメエラ)は、「3PAR Storage」の高可用性、 「Nimble Storage」のシンプルさと自己管理、アプリケーション中断の予測と防止をクラウドベースの人工知能(AI)管理ツール「HPE InfoSight」などの機能を継承し、100%のデータ可用性保証を提供します。

HPE Primeraの特長

100% Availability Guarantee(100%の可用性を保証)

トラブルの90%以上はストレージレイヤーよりも上、すなわちネットワーク、サーバ、および仮想化レイヤーで発生しています。HPE PrimeraはHPE InfoSightを通じてストレージレイヤーを超えた監視を行い、ネットワーキング、 アプリケーション、およびサーバレイヤーでの問題発生を予測、防止します。

100% Availability Guarantee(100%の可用性を保証)

予測可能なパフォーマンスを実現

HPE InfoSightの連携機能がさらに強化され、HPE Primera上では、クラウド環境でトレーニングされたAIモデルがリアルタイム分析のためにアレイ自身に組み込まれ、アプリケーションワークロードのパフォーマンスを一定に保ちます。

予測可能なパフォーマンスを実現

NVMe/SCMに最適化されたアーキテクチャー

HPE Primeraは、大容量メモリプールを中心に、コントローラーあたり4つの『第6世代HPE ASIC』がクラスターを構成する「オールアクティブアーキテクチャー」を採用しています。NVMeやSCM(ストレージクラスメモリ)使用時のI/Oボトルネックを完全に解消しながら、『HPE Primera OS』がすべてのコントローラーによる並列処理を最適化してマルチノードパフォーマンスを最大化します。これらの効果により、Oracle DB のパフォーマンスを最大2倍にまで高めることが可能です。

NVMe/SCMに最適化されたアーキテクチャー

極限にシンプル

HPE Primeraは“Timeless Storage”としての能力を強化し、これまでの常識を変えるシンプルかつ容易な運用を実現しました。たとえばHPE Primera のアップデートは、お客様自身の操作により「1クリックで」「安全かつ自動的に」「わずか5分で」実行できます。新開発の『HPE Primera OS』は、カーネルとユーザースペースを分離して再構成の自由度を高め、再起動不要のアップデートを可能にしています。

極限にシンプル

ラインナップ

HPE Primeraはオンライン、インライン、中断のないアップグレードが可能です。

ラインナップ

 Primera 630Primera 650Primera 670
コントローラーノード数 2 2 – 4 2 – 4
ASIC搭載数 / ノード 1 4 4
オンボード 標準10Gb Ethernetポート数( RCIP) 4 4 – 8 4 – 8
PCIe スロット数, ノード / システム 2 / 4 3 / 12 3 / 12
32Gb Fibre Channel ポート数 0 – 16 0 – 48 0 – 48
12Gb SAS バックエンド ポート数 4 8 – 32 8 – 32
メモリ / ノード( システム最大メモリ容量) GiB 128(256) 256(1024) 1024(4096)
最大ディスク搭載数 / Primeraアレイ 144 384 576
最大SSD搭載数 / Primeraアレイ 144 384 576
対応電源 100V/200V 200V 200V
PAGE TOP