サービス・サポート

標準保証と保守サービスの違い

保守サービスを購入することで、標準保証の内容をお客様の希望される保守レベルにアップグレードすることができます。

 標準保証保守サービス
コール窓口 一般コール(海外) •専用コール(国内)
•一般コール(海外)
サービスレベル 標準営業日(平日) 翌営業日対応 •24時間×7日 4時間対応 *1
•標準営業日(平日)4時間対応
•標準営業日(平日)翌営業日対応
契約期間 保証規定に準拠 (製品により1年または3年) •3年、4年、5年、6年、7年より選択可 *2
•1年または2年の延長保守可 *3
障害支援 なし あり

*1 オンサイト サービスのご提供地域および応答時間に関しては地理的制限等があります。
対応可能地域については Web サイトを参照ください。
*2 6年、7年の長期保守は一部モデルのみ選択可能です。
*3 モデルにより選択可能です。

標準保証と保守サービス拡張のイメージ

標準保証と保守サービス拡張のイメージ

保守サービスの種類

ファウンデーションケア

発生してしまった障害に対応するHPEの基本的なサポートサービスです。お客様の用途や予算に合わせて、対応時間、年数が選択可能です。

プロアクテイブケア

安心の専任サポート体制でお客様の負担を軽減する、HPEの標準的なサポートサービスです。問題発生後の対応だけでなく、未然防止を含めたワンランク上の保守です。

ポストワランティ

標準保証、プロアクティブケア、ファウンデーションケアの契約期間を1年間または2年間延長できるサービスです。

SPOCサービス

IBM、Dell、EMC、NetApp、Cisco 等の他社製品に対しても、単一サポート窓口にてサポートします。

マルチベンダーサービス

他社製品に対して障害コール窓口を一本化するだけでなく、保守契約管理の簡素化やメーカーEOSL機器の保守延長等も実施します。

どの保守サービスが自分の環境に適しているか各保守サービスの詳細が知りたい方は
↓↓ いますぐこちらのバナーをクリック! ↓↓

イラストでわかる HPE保守サービス 冊子プレゼント

ファウンデーションケアとプロアクティブケアの比較

プロアクティブケアは、専任のサポート体制を提供することで お客様の負担を軽減する、HPEの標準的な保守サービスです。ファウンデーションケアにはない、障害未然防止のサービスもご提供します。

 ファウンデーションケアプロアクティブケア
障害発生時の対応
(リアクティブサービス)
受付 受付前には、自動音声応答システムでの問合せ対象製品の選択が必要 直接受付担当に繋がる
対応 海外拠点 国内拠点
対応エンジニア ハードウェア・ソフトウェア各専門のエンジニア ハードウェア/ソフトウェア両方の広範なスキルを持つ専門性の高いエンジニア
障害そのものを減らす
(プロアクティブサービス)
潜在的な問題把握 - お客様自身で確認 年2回まとめて当社からレポート
Updateの必要性の判断 - お客様自身で検討 わかりやすいレポートで一目瞭然
潜在的な問題への対処 - 気づかない場合、障害発生によって事後対応 レポートを活用して計画的に
管理 お客様自身でインシデント・ファームウェアやパッチの構成管理 定期的なレポートで確認

HPE 通報サービス

ハードウェアの潜在的な障害を常時検知し、お客様のシステムで修理が必要なハードウェアイベントを検知するとHPE社へ自動通報します。初期の問題切り分けを経てからお客様へ連絡し、必要に応じて保守部品の先送り手配、カスタマーエンジニアがオンサイト対応いたします。

HPE 通報サービス

マルチベンダーサービス

マルチベンダーサービスは、障害コール窓口一本化、保守契約管理の簡素化、メーカーEOSL機器の保守延長、ハードウェア保守費用のコスト削減をお考えのお客様に、是非ご検討いただきたいサービスです。

マルチベンダーサービスのイメージ

マルチベンダーサービスのイメージ

4つの特長

サービス概要
  • 主要なベンダー製品をサポート
  • ベンダーEOSL後も延長保守可能
  • 障害窓口を1本化
  • 低価格にて提供なため、保守コストを抑制可能
保守部品供給
  • グローバルの強みを活かし、保守部品を調達
  • 交換部品は、既存システムに合った部品を準備し、動作確認を発送前に実施
サポート体制
  • 全ての障害コールをHPE レスポンスセンターにて受付
  • 障害時のお客様支援 (アクションプランの提示、障害切り分け、分析サポート等)
  • 主要なベンダー製品の保守に従事した経験あるエンジニアが対応
オプション
  • 機器設置・移設・オーバーホールサービスの有償提供
  • ナレッジベースやWeb等により技術情報を提示•データ消去(物理破壊、S/W消去)を提供可能

主なサポート対象機器メーカー

Server
  • IBM (LENOVO)(P Series / X Series / Blade Center)
  • DELL(PowerEdge)
  • FUJITSU(Primergy / Primepower)
  • CISCO (SUN)(SUN Server)
  • HITACHI(HA8000)
  • OTHER
Storage
  • IBM (LENOVO)(DS Series / XIV Series)
  • DELL(PowerVoult / EqualLogic / Compellent)
  • FUJITSU(FiberCat / Eternus)
  • HITACHI(AMS / USP / VSP)
  • NETAPP(FAS / V-Series)
  • EMC(Clariion / Isilon / DataDomain / VMAX / VNX / SYMETRIX)
  • NEC(i-Storage)
  • OTHER
Library
  • IBM (LENOVO)(TS Family / Storwize Family)
  • DELL(Powervault)
  • OVERLAND(NEO Series)
  • QUANTUM(Scalar / ADIC)
  • TANDBERG DATA
  • STORAGETEK
  • OTHER
Network
  • CISCO(Wireless / Switches / Routers / Datacenter Switches / Security / Storage Networking)
  • JUNIPER(Switches / Netscreen SRX / Security)
  • F5(Load Balancer)
  • DELL(PowerConnect / EMC / Connectrix)
  • EXTREME NETWORK(Summit / BlakDiamond)
  • BROCADE(B Series / Backbone / M Series)
  • FOUNDRY
  • OTHER
PAGE TOP