TippingPoint 概要

TippingPoint 不正侵入検知システム

ゼロデイ攻撃をはじめ、既知・未知の脆弱性からネットワークを守る

TippingPoint は、XGen(クロスジェネレーションセキュリティアプローチ)で強化された IPS です。ネットワーク上で仮想的にパッチ(仮想パッチ)が適用された状態を作り出し、脆弱性を狙った攻撃からシステムを守ります。

ネットワークパフォーマンスへの影響を少なく抑えつつ、強力なネットワーク保護、安全性とリスクの可視化、一元化された管理と分析機能を、容易な導入、設定、運用で実現します。

TippingPoint

レガシーOS対策として

TippingPointはセキュリティパッチが適用できない期間は仮想パッチが攻撃をブロックするため、レガシーOS のセキュリティ対策としても有効です。
侵入防御機能により、脆弱性を突く攻撃を自動でブロックします。
すでにサポートが終了しているWindows 2003 Serverなど、サポート終了OSの延命対策としても利用できます。

仮想パッチ“による脆弱性の対策

  • 侵入防御(IPS) 機能により脆弱性を突く攻撃を自動でブロック
  • 脆弱性を狙う攻撃コードをネットワークレベルでブロックすることで、仮想的にパッチを当てた状態に。

仮想パッチ“による脆弱性の対策

PAGE TOP