Trend Micro Apex One™ SaaS概要

Trend Micro Apex One™SaaSとは?

トレンドマイクロの主力製品である「ウイルスバスター コーポレートエディション」の後継の「Trend Micro Apex One™」のSaaS版が新登場。トレンドマイクロ社が提供するエンドポイント向けセキュリティサービスです。

「Trend Micro Apex One 」の機能をトレンドマイクロ社が提供するクラウド上の管理コンソールを経由して利用可能な製品です。

Trend Micro Apex One™SaaSサービス構成図

働き方改革に対応。社外の端末も一元管理が可能です。

サービス構成図

Trend Micro Apex One™SaaSの特長

導入・運用が容易で
コストも削減

オンプレミスサーバーにかか費用・
サーバー構築などの工数が不要
EDR の導入、他社エンドポイントからの乗り換えも容易

運用削減
/コスト減

オンプレミスとSaaSの
ハイブリッド環境をサポート

段階的なSaaSへの移行にも対応※

オンプレ・SaaS、ハイブリット環境

働き方改革に対応

リモートPCを社内端末と
同様に管理可能

テレワーク

※オンプレミスからSaaSへの段階的な移行の際、EDRアクティビティデータ、および SaaS でサポートされない機能(VDI)の情報は SaaS へ引き継ぐことが出来ません。

テレワーク時のセキュリティ対策

急速に高まるテレワーク環境の導入・整備。十分なセキュリティを確保しながら、実施することが重要になってきます。また、テレワークの普及によって発生する、下記のような新たな課題も生まれています。

持ち出しPCの増加 → 社内外の業務PCの一元管理

持ち出しPCは社内の管理サーバと接続が出来ないため、ポリシーの適用や脅威検知が出来ず、社内/社外にかかわらず、業務PCのセキュリティを一元的に管理する必要があります。

どこにいても最新、どこからでも管理可能 

Apex One SaaSはSaaS 型エンドポイントセキュリティのため、持ち出し時もパターンが最新に保たれ、新しい脅威*に対応します。社外から管理コンソールへのアクセスが可能になることにより、迅速な対応や効率的な運用管理が可能です。(* すべての新しい脅威に対応するものではありません)

クラウドベース
一元管理可能、定期的に自動でバージョンアップ、管理サーバ不要パッチメンテ不要 width=

Trend Micro Apex One™ラインナップ

 オンプレミス(Apex One)SaaS+オンプレミス
機能/ライセンスCorp. PlusC/SS PremiumApex One SaaS
最低購入数 5 250
ライセンス形態 永久使用権 サブスクリプション
課金対象 インストール台数 インストール台数
エンドポイント保護 (EPP)
MacOS 対策
モバイル対策
VDI対応 ✔*
Apex Central
アプリケーション制御
仮想パッチ
DLP (Option) (Option)
EDR (Option) (Option) (Option)

オンプレミスでの利用

SaaS 利用
(SaaS) EDR Storage (Option)
(SaaS) Cloud Sandbox (Option)

*VDI対応はオンプレミス版のみ。

Trend Micro Apex One™SaaSリリースキャンペーン

今なら、2021年3月31日までTrend Micro Apex One™SaaSリリースキャンペーンを実施しております。
キャンペーン価格で購入できる期間限定のキャンペーンとなりますので、是非この機会ご利用ください。
※キャンペーンのご利用はキャンペーン型番でのご注文が必要です。

期間限定:2021年3月31日まで※弊社受注は2021月3月30日まで新規/追加/更新のライセンスがお得!複数年一括でも購入できちゃいます!オンプレでもSaaSでもハイブリッド環境をサポート!

PAGE TOP