Citrix ADC 製品概要

製品名の変更のお知らせ

2018年8月24日より、製品・エディションの名称が変更になりました。

包括的なアプリケーション高速化、負荷分散およびウェブセキュリティ

Citrix ADC

Citrix ADCは、セキュアで高速なアプリケーションとデータアクセスを提供するネットワーキング製品です。レイヤー4およびレイヤー7におけるロードバランス機能や、広域負荷分散機能(GSLB: Global Server Load Balancing)、ICA接続やSSL-VPN接続によるデータ通信のセキュリティ強化といったサービスを提供します。

Citrix ADCのアプライアンスモデル

Citrix ADC MPX

Citrix NetScaler MPXコストパフォーマンスに優れた物理アプライアンスです。パフォーマンスが高いので、大規模システムのネットワーク環境最適化に適しています。一度筐体を購入すれば、ライセンスを購入するだけでスループットなどのパフォーマンスを拡張できるため、システム拡張時の大幅なコスト削減が可能です。
Citrix ADC MPXは、500Mbps~160Gbps のスループット要件に対応可能です。

Citrix ADC VPX

Citrix NetScaler VPX物理アプライアンスと同じソフトウェアで、同じ機能を仮想環境で提供する仮想アプライアンスです。あらゆるハイパーバイザー、あらゆるパブリッククラウド上への展開に対応しています。仮想による提供のため、ユーザーはオンデマンドで好きな時に仮想アプライアンスを追加・アップデートすることができます。
Citrix ADC VPXは、10Mbps~100Gbpsのスループット要件に対応可能です。

Citrix Gataway Advanced VPX

仮想アプライアンスで提供されるSSL-VPNソリューションです。Citrix Virtual AppsおよびCitrix Virtual Desktops利用環境において、アプリケーション・デスクトップ環境へのセキュアでシームレスなリモートアクセスを実現します。
Citrix Gateway Advanced VPXは、50Mbpsモデルのみの提供となります。

Citrix NetScaler Gateway Enterprise VPX

Citrix ADC SDX

Citrix NetScaler SDXマルチテナント型サービスデリバリープラットフォームです。1台の筐体(Citrix ADC MPX)上に、仮想アプライアンス(Citrix ADC VPX)を最大115台まで展開・実行できる、高度な仮想化機能を備えたハードウェアベースのアプライアンスです。複数台展開した仮想アプライアンスは、同一筐体内、および異なる筐体間でクラスタリングを組むことが可能で、障害発生時には瞬時に切り替えが行われます。
Citrix ADC SDXは、160Gbpsのスループット要件に対応可能です。

TriScale テクノロジ

Citrix ADCには、TriScaleテクノロジという、ネットワークの拡大を柔軟に行うことができる仕組みがあります。負荷の増大や、負荷が高いアプリケーションやサービスの要求に対応できる性能を、ライセンスを追加するだけで利用できるようになります。スモールスタートが可能となり、システムの初期投資コストを削減することができます。

スケールアップ
Citrix ADC の Pay-As-You-Grow ライセンスモデルにより、一度筐体を購入すれば、ライセンスを購入するだけでスループット等のパフォーマンスを最大10倍まで拡張することができます。ハードウェアの増設を行う必要はなく、将来を見越して能力に余裕を持たせる必要もありません。
スケールアウト
TriScale のクラスタリング機能を使用することにより、最大で 32台構成のCitrix ADCアプライアンスを簡単に構築することができます。アプライアンスを1台ずつ追加していくことで、小規模な実装から始めて、合計 キャパシティを数Mbpsから3Tbps 超へと段階的に増やすことができます。
スケールイン
物理インフラの簡素化と運用管理の合理性、省スペースと省電力化を実現します。これらの要件は全て、Citrix ADC SDXで対応が可能です。1台の筐体(Citrix ADC MPX)上に、仮想アプライアンス(Citrix ADC VPX)を最大115台まで展開・実行できます。

TriScale テクノロジ

PAGE TOP