[Deep Security] or [Server Protect] 最適なのはどちら?

製品選定ポイント

一つでも当てはまる項目があればDeep Securityがお勧めです。

ライセンス管理

Deep Securityはライセンス管理がシンプル!

Server Protectは1本ずつライセンスの購入、更新管理が必要です。単年での購入となるため、ライセンス管理が煩雑になりがちです。
Deep Securityは複数本を1つのライセンスIDで管理することが可能です。複数年の一括契約も可能です。

例)5ライセンス分購入した場合

 チェック項目Server ProtectDeep Security Agent
新規 納品物 パッケージ×5本 ライセンス証書×1枚 ※1
申請書 不要 発注時に必要
ユーザー登録 納品後にお客様にて登録作業 不要(メーカー側で登録)
ライセンスID 5つ(個々に振られる)=5契約 1つ(集約) =1契約
複数年契約 不可(ユーザー登録完了後に可能) 6年まで一括契約が可能
更新 納品物 ライセンス証書×5枚 ※1 ライセンス証書×1枚 ※1
申請書 5枚(5契約分必要) 1枚(1契約分)

※1.メール納品となります。納品ウェブサイトからログインして証書をご確認いただきます。

管理・構成

Deep Securityは一元管理ができます

 Server ProtectDeep Security Agent
運用面

Windows版、Linux版は別管理
(インフォメーションサーバの上位にTrend Micro Control Manager(TMCM)※を置いて管理することは可能)

Windows・Linux問わず、1つのDeep Security Managerで管理可能

trend_kanri.gif

※Trend Micro Control Managerは無償提供されています。

ライセンス価格

ds1.jpg

構成次第でDeep Securityの方が安い

Server ProtectはWindows版とLinux版で価格が異なります。
Linuxサーバであれば確実にDeep Securityの方が安価になります。
WindowsとLinuxサーバの混在環境も、Deep Securityの方が安価になるケースが多いです。
Deep Security Agentの最低購入数量の撤廃により、選択肢が広がります。

trend_sp_ds_license.gif

冗長化構成時の課金対象

冗長化構成を組まれる場合はDeep Securityがオトクに

Server Protectはホットスタンバイ、コールドスタンバイに関係なく、インストールしたプログラム数に応じて課金しました。Deep Securityはアクティブ/スタンバイ構成において、スタンバイは課金対象外となります。

公開サーバ向け

Deep Securityはサーバの用途・使う場所問わず!

Server Protectは基本的には社内サーバ用途にお使いいただけます。(社外公開サーバ用のEA-Pack Server Protectionライセンスは2017年6月30日で新規販売終了となっております。現時点は追加・更新のみのお取り扱いです。)
Deep Securityは社外公開サーバ、パブリッククラウド上問題なく導入いただけます。

ウイルス対策機能

Deep Securityの方が機能が豊富

Server Protectは、シンプルなファイル検索のみです。Deep SecurityはWebからの脅威の出所である不正URLへのアクセスをブロックするWebレピュテーションや、ランサムウェアの検出状況を管理画面にて可視化するなど最新の脅威にも対応しています。基本的にServer Protectのウイルス対策はウイルス対策パターンファイルのみとなり、既知のウイルスファイルに合致したものの検出となります。

機能名Server ProtectDeep Security Agent

パターンマッチングを用いたスキャン

ウイルス感染自動復旧
ルートキット対策
スパイウェア検索
機械学習型検索機能 ×
挙動監視機能 ×

ランサムウェアによって暗号化されたファイルのバックアップ

×
実行中のスパイウェアの停止と削除 ×
ボット対策 ×
スマートスキャン機能 ×
Webからの脅威対策機能(Webレピュテーション) ×

ウイルス対策以外の機能

Deep Securityはウイルス対策以外にも様々な脅威に対応できます

Server Protectは、シンプルにウイルス対策のみの製品です。
Deep Securityは、サーバの脆弱性を突いた侵入や、改ざん攻撃からサーバを多層的に防御するための機能も提供しています(上位版であるEnterprise版で対応)

機能名Server ProtectDeep Security Agent
ウイルス対策
Deep Security Agent
Enterprise
ウイルス対策
Webレピュテーション  
ファイアウォール    
IPS/IDS(侵入防御)    
アプリケーションコントロール    
変更監視(改ざん検知)    
セキュリティログ監視    
サポートOS ○Windows/Linux ◎Windows/Linux/Solaris
管理マネージャ △Win/Linux別管理 ◎1台で管理可能
仮想化対応 ○ホスト型のみ ◎ホスト型+仮想アプライアンス型
クラウド対応 ◎管理マネージャと連携可能

    ウイルス対策のみの機能比較は上部参照

セキュリティ強化

Deep Securityなら再インストールなしでセキュリティ強化が可能

まずはDeep Security Agent ウイルス対策からスタートし、あとから機能を追加する場合はライセンスキーの入れ替えだけで、プログラムの再インストールをする必要なく機能アップが可能です。サービス停止がありません。(ライセンスは別途購入いただく必要があります)

 Server ProtectDeep Security Agent
 提供機能 ウイルス対策のみ  複数機能が提供されている
・ウイルス対策    ・Webレピテーション ・変更監視
・IPS/IDS(侵入防御) ・ファイアウォール  ・ログ監視
・アプリケーションコントロール
 機能追加時の作業 -  ライセンスキーの入れ替えのみ(再インストールの必要なし)

ds_security.gif

サポート期限の違い

Deep SecurityならEOLになるまでサポート

Deep Securityはベンダー各社のOSのライフサイクルに依存せず、基本的にDeep Securityのサポート終了日まで、この製品がサポート対象とするOS上での利用をサポートします。

Deep SecurityのWindows Server 2008対応についての詳細はこちらから

Windows Server 2008のサポートの場合

Deep Securityのサポート期限

クラウド型 Cloud One - Workload Security

管理サーバ構築不要のクラウド型サーバセキュリティ

もし管理サーバの構築が難しい場合は、クラウド版での選択肢もございます。 Cloud One – Workload Securityなら、管理サーバはトレンドマイクロが提供します。 新しく2021年5月25日よりXDR機能(サーバ向けEDR)も追加され、またラインナップが2種類に変更となり、よりお求めやすくなりました。

Cloud One - Workload Security Essential with XDR、Cloud One - Workload Security Enterprise with XDR

クラウド型メリット

メリット1

クラウド管理サーバの利用でコスト削減

  •  社内に管理サーバの構築は不要
  •  初期導入費用とバージョンアップ作業費用の削減
メリット2  運用の自動化による作業負荷の軽減  
  • 自動アップデート+自動バージョンアップ+自動パッチ適用
  • バグの修正は自動的に即日対応が可能
メリット3

常に最新の状態で脅威対策が可能

 
  • 新機能の実装があった場合、自動的に追加することが可能
  • 日々変化するサーバへの脅威に対応

DS_C1WS.jpg

関連URL

[ 補足 ] ラインナップ一覧(価格・機能)

仮想環境での利用を想定されている場合は、Deep Security Virtual Appliance(DSVA)によるエージェントレスでの保護も可能です。
*本説明では、赤字の製品を軸にご紹介しております。

課金単位製品名定価※1
(新規)
不正
プログラム
対策
Web
レピテー
ション
IPS/IDS
(侵入防御)
ファイア
ウォール
変更
監視
ログ
監視
サーバー
課金
PKG Server Protection
for Windows
69,000          
PKG ServerProtect
for Linux
155,400          
サーバー
課金
Deep Security Agent
Enterprise ※2
213,000
Deep Security Agent
Virtual Patch
125,000        
Deep Security Agent
System Security
107,000        
Deep Security Agent
ウイルス対策 ※2
98,000        
CPU
課金
Deep Security
Virtual Appliance
Enterprise
400,000
※3

※4
Deep Security
Virtual Appliance
Virtual Patch ※6
240,000        
Deep Security
Virtual Appliance
System Security ※6
210,000        
※3

※4
Deep Security
Virtual Appliance
ウイルス対策
160,000        
Deep Security
Enterprise Suite ※5
630,000
サーバー
課金
Cloud One - Workload Security
Essential with XDR
30,000        
Cloud One - Workload Security
Enterprise with XDR
180,000

※1.Deep Security、Cloud One - Workload Securityの定価価格はAランクの価格になります。
※2.Server Protect for Windows, Linux同梱
※3.変更監視機能はファイルの変更監視機能のみとなります。
※4.ログ監視機能を利用する際は、各ゲストOSにDeep Securityエージェントをインストールする必要があります。
※5.Suite版はDeep SecurityのAgentとVirtual Appliance両方のライセンスを含んだ製品です。
※6.※2019/9/30新規ライセンス終息、2022/9/30更新追加ライセンス終息予定

資料ダウンロード

資料ダウンロード

こちらより、Deep Security/Server Protectの比較について、まとめた資料がダウンロードいただけます。

PAGE TOP