Trend Micro Deep Security 製品概要

製品特長

ポイント1:サーバーセキュリティに必要な6つの機能を提供

Trend Micro Deep Security 6つの機能Deep Securityはサーバーのセキュリティ課題を6つのセキュリティ機能で仮想化・クラウド・物理環境にまたがってトータルに解決します。
管理サーバーによって統一したセキュリティポリシーを実現します。

  • ウイルス対策(Webレピュテーション機能付)
  • 不正侵入検知・防止(ホスト型IDS/IPS)
  • Webレピテーション
  • ファイアウォール
  • ファイルやレジストリなどの変更監視
  • セキュリティログ監視

ポイント2:Agent型とVirtual Applianceの保護モジュールを提供

Agent型とVirtual Appliance(VA/仮想アプライアンス)の保護モジュールにより、物理サーバー、仮想環境、クラウド環境と、環境に合った対策を提供いたします。混在環境でも一元管理が可能です。

Trend Micro Deep Security Agent型とVirtual Applianceの保護モジュールを提供

ポイント3:Windows、Linux、Solaris等の主要なサーバーOSに対応

仮想環境にはVirtual Applianceがオススメ!

エージェントレスのためサーバーへの負荷を抑えます。導入後の運用もシンプルに、統一したセキュリティポリシーで管理することが可能です。

Trend Micro Deep Security 仮想環境にはVirtual Applianceがオススメ!

VMware NSXとの連携がオススメ!

Deep SecurityとVMware NSXの連携により、セキュリティワークフローの自動化が実現できます。ウイルスを検出した仮想マシンを自動隔離してウイルス検索・駆除を実施し、復旧させる運用まで自動化することでセキュリティ強化とともに、管理者の負担も軽減します。

Trend Micro Deep SecurityはVMware NSXとの連携がオススメ!

VMware NSX との連携することで、不正プログラム対策、侵入防御、ファイアウォールと変更監視をエージェントレス(Virtual Appliance)で利用できます。

各製品バージョンと対応モジュール

Deep SecurityバージョンDeep Security9.6
VMware vSphereバージョンvSphere 5.5vSphere 6
VMware NSX有無
Deep Security機能 不正プログラム対策(Anti-Virus) VA VA VA VA
侵入防御(IPS/IDS) Agent ※1 VA Agent ※1 VA
Webアプリケーション保護 Agent ※1 VA Agent ※1 VA
ファイアウォール Agent ※1 VA Agent ※1 VA
変更監視 VA VA VA VA
セキュリティログ監視 Agent ※1 Agent ※1 Agent ※1 Agent ※1

※1:コンバインモードを使用します。

クラウド環境のセキュリティにオススメ!

クラウド環境を保護するには、クラウドのスピードが損なわないセキュリティが必要です。Trend Micro Deep SecurityはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどと密に連携し、最適化されたセキュリティを提供します。

  • AWSおよびAzureとのAPI連携
  • オートスケール(Auto Scaling)対応
  • ホストベースでの多様なセキュリティ機能

Auto Scaling機能

Auto Scaling機能に対応した 自動セキュリティ保護

AWSによる詳細はこちら

仮想パッチで自動的に脆弱性対策

OSやアプリケーションの脆弱性を狙う攻撃を検知すると必要なIPS/IDSルール「仮想パッチ」が自動でブロック。あたかも正規パッチが適用されているのと同じ状態を作り出します。

正規パッチの場合は、パッチ適用後にサーバの再起動が必要ですが、仮想パッチなら、サーバを停止・再起動せずに適用することができるためWebサーバなどインターネットに繋がっているサーバや重要なサーバのセキュリティ対策に推奨しています。

仮想パッチを導入することのメリット

  • ベンダーの正規パッチリリースが遅れても未然に脆弱性を保護できる
  • 正規パッチの適用作業スケジュールを柔軟にコントロールできる

慌てず、安心して検証作業可能!

仮想パッチの自動化とサーバ管理者の運用負荷軽減

Windows Server 2008 OSサポート終了後の対策はこちら

機械学習型検索(AI機能)の実装

最新バージョン11.0より、機械学習型検索機能の実装されております。機会学習型検索機能の実装により、短期間に数多く発生するランサムウェアの亜種など、未知の脅威に対して迅速な対応が可能となり、未知の脅威や大量発生する亜種への対応スピードが向上されています。

機械学習機能はエージェント型とVirtual Appliance型の両方に対応しています。

Deep Securityによる多層防御と機械学習機能の位置づけ

また、最新バージョン11.0では、このほかにもセキュリティ機能が強化されております。詳細はこちら

クラウド型サービスには、「Trend Micro Deep Security as a Service」

Deep Security as a Serviceは、管理サーバーをクラウド上で提供するクラウド型総合サーバーセキュリティサービスです。トレンドマイクロ社で管理サーバーをクラウド環境で提供するため、管理サーバーを構築、運用する負荷が軽減できます。もちろんDeep Securityと同様にAWSやAzureといったパブリッククラウドにも対応しています。

導入作業はネットワールドにお任せ!

ネットワールドでは、Deep Securityの導入支援サービスを提供しております。
VMware NSXの導入・連携も対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

運用もSOCサービスにお任せ!

ネットワールドでは、ネットワールドでは、Deep Securityの導入後の運用も、SOCサービスにてご提供しております。

PAGE TOP