Trend Micro Apex One™ Windows 7の延命対策

Windows 7の延長サポートが2020年1月14日に終了

マイクロソフトによるWindows 7の延長サポートが2020年1月14日に終了(*)します。
*マイクロソフトは延長サポート終了後、3年間の有償サポート(Windows 7 Extended Security Updates)を提供

 

2020年1月14日以降はマイクロソフトからWindows 7のセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなるため、更改ができない端末はセキュリティに関するリスクが懸念されます。

Windows 7の延命対策

サポート終了OSにおけるセキュリティリスク

サポート終了後のOSには、新たな脆弱性に対する攻撃が防御できません。また、マイクロソフトのサポートも受けられなれなくなります。サポート終了後のOSでは、脆弱性を突いた攻撃による不正侵入やマルウェア感染などのセキュリティリスクが顕在化します。

サポート終了OSにおけるセキュリティリスク

Windows7の延命対策には、
「Client/Server Suite Premium」がおススメ!!

「Client/Server Suite Premium」のライセンスでは、脆弱性対策「仮想パッチ」がご利用いただけます。

Windows 7の延命対策には、「Client/Server Suite Premium」がおススメ!!

脆弱性対策機能の「仮想パッチ」で解決!!

リモートから脆弱性を悪用した攻撃を仮想パッチにより検知・ブロック

最新バージョン(Apex One)で強化されたエンドポイントにおけるセキュリティ機能の一つとして同一エージェントで、OSやアプリケーションの脆弱性を突く攻撃パケットを検知・防御することができます。

  • 適用する侵入防御ルールをパフォーマンス or セキュリティモードで選択可能、個別にチューニングすることも可能
  • 仮想パッチにおけるネットワークエンジンを『インライン』 or 『タップ(検知のみ)』に設定することが可能
  • Apex Centralにて、仮想パッチパターンを更新、ポリシーの配信

脆弱性対策機能の「仮想パッチ」で解決!!

※ウイルスバスター コーポレートエディション XGでは、2022年1月31日(有償延長サポートでは2024年1月31日)まで利用可能です。詳細は下記をご覧ください。

※最新バージョンのTrend Micro Apex Oneでは、Windows 7 SP1をサポートしております。

PAGE TOP