NetApp 製品情報 (ONTAP Select)

汎用サーバ上で利用できるどこでもONTAP汎用サーバ上で利用できる、
どこでもONTAP
汎用サーバのハイパーバイザ上で動作するソフトウェア デファインド ストレージ。 コストを抑えて導入可能なので、2次ストレージやプライベート クラウドストレージサービス、災害対策にオススメです。

製品特長

クラウドライクに利用可能
1TB単位の容量課金なので、必要な分だけ購入、さらに短時間で導入が可能なので、クラウドのようなイメージで利用が可能です!クラウドライクに利用可能.gif
主要なサーバーベンダーやVSAN、外部ストレージにも対応
Cisco,Fujitsu,Dell,HP,Lenovo,Supermicro等主要なベンダーのサーバーをサポート!ONTAP9.2からは、VSANや外部ストレージも利用可能に!主要なサーバーベンダーやVSAN、外部ストレージにも対応.gif

ライセンス体系

  • ライセンスは2種類、主な違いは以下の通りです。より高いパフォーマンスが必要な場合は、Premium版を選択。
     ONTAP Select VMのスペックSSD対応
    Standard版 4 vCPUs / 16GB RAM ×
    Premium版 8 vCPUs / 64GB RAM
  • 使用できる機能はStandard/Premium共通でFASシリーズPremium Bundle相当のほぼ全てのONTAP機能を利用可能!

ONTAPSelectで使用できる機能
NFS、iSCSI、CIFS
SnapMirror、SnapVault、SnapRestore、FlexClone、重複排除、圧縮、NetAppVolumeEncryption(NVE)、FlexGroup
※ONTAPSelectでサポートしていない主な機能:FCP/FCoE、MetroCluster、FlashPool、SnapLock

課金体系

課金体系

  • 1TB単位で購入可能(1TB=数量1)
  • Aggregateを構成するvmdk(SystemManagerからディスクとして見える容量分)の容量分購入が必要
    ※実効容量は、ここからOS領域等を差し引いた容量   
    ※HA構成の場合、1ノードあたりの実効容量は半分

最小ライセンス容量
シングルノード構成:2TB、マルチノード構成:3TB(1ノードあたり)

最大ライセンス容量
ノードあたり100TBまで ※4ノード構成で合計400TBまで

PAGE TOP