Hewlett Packard Enterprise StoreOnce 製品概要

HPE StoreOnceは様々なバックアップのツールや手法に対応し、専用アプライアンスならではの高速処理、高い重複排除率、および複数拠点のバックアップなどのメリットを提供します。

HPE StoreOnce

StoreOnceが選ばれる理由

独自重複排除によるデータ量削減
平均4K可変チャンクによる粒度の細かい重複排除を実施するため、より多くのデータを削減し、効率よくデータを保管 
独自重複排除によるデータ量削減
Recovery Manager Central(RMC)
ストレージから差分データをダイレクトに高速バックアップ。
プライマリーストレージ上のデータをブロックレベルでそのままバックアップ装置に転送する新たなソリューション。ストレージが認識している差分データをそのまま使用するため、シンプルかつ高速。HPE 3PAR / HPE Nimble に加えて、HPE Primeraにも新たに対応。
Recovery Manager Central(RMC)
Cloud Bank
クラウドバンク利用でデータ量もクラウドコストも1/20
動作の仕組み
Cloud Bank
利用用途
Cloud Bank 利用用途

ラインナップ(主要モデルのみ)

HPE StoreOnce ラインナップ

モデル3620 24TB
システム
3640 48TB
システム
5200ベース
システム
5250ベース
システム
5650ベース
システム
製品番号 BB954A BB955A BB956A BB958A BB959A
物理容量 24~48TB 48~144TB 48~288TB 60~1120TB 60~2240TB
論理容量
(Cloud Bank使用時)
16~31.5TB
(~63TB)
36~108TB
(~216TB)
36~216TB
(~432TB)
36~864TB
(~728TB)
72~1728TB
(~456TB)
バックアップ総容量
(Cloud Bank使用時)
630TB
(1.26PB)
2.16PB
(4.32PB)
4.32PB
(8.6PB)
17.3PB
(34PB)
34PB
(70PB)
転送速度 14TB/時 18TB/時 33TB/時 41TB/時 47TB/時
PAGE TOP