ソリューション シュナイダーエレクトリック ISX冷却ソリューション

APCの冷却ソリューション

APCでは従来の冷却方法の問題点を解決するために、ラック一本あたりの発熱量に応じた各種冷却ソリューションを開発しております。(表)

(表)ラック一本あたりの発熱量に対応した冷却ソリューション
(表)ラック一本あたりの発熱量に対応した冷却ソリューション

APCの冷却ソリューション

部屋全体としての冷却能力は確保されているとして、一部の発熱密度の高いラックにファンを使用した送風補助機器を追加で取り付けることにより、空気の流れを改善し、冷却能力を3.5 ~10kW程度まで向上させることができます。APCのAir Distribution Unit(エアー・ディストリビューション・ユニット)はフリーアクセスフロア下もしくはデータセンタフロアの下部の冷気をラック前面のサーバの吸気口まで強制的に供給します(図1)。
Air Removal Unit(エアー・リムーバル・ユニット)はラック背面に装着し、ラック内の熱せられた排気を強制的に上部に排出します(図2)。
これらの補助機器を使用することにより、各ラック毎の通気量を設計どおりに確保することができます。但し、こうした機器が停止するとラック内 が急激に温度上昇してしまうため、UPSによる電源バックアップが必要です。

図1:Air Distribution Unit

ラック下部に装着したファンによりフリーアクセスフロア下もしくはデータセンタフロア面の冷気をラック内のサーバ前面に強制的に供給する。

Air Distribution Unit

図2:Air Removal Unit

ラック背面に装着したファンによりラック内の排気を強制的に上部に排出する。

Air Removal Unit

PAGE TOP