Quality KeyServer 製品概要

ライセンス管理

KeyServerは、フローティングライセンス契約でのソフトウェア利用を実現する同時使用ライセンス管理ツールです。PCへのインストール台数にかかわらず、ソフトウェアの同時使用数でライセンスをカウントするため、コスト削減と効率的な運用管理が可能です。
また、クライアントPCのソフトウェア使用状況を分析することで、管理者が許可していない不正なソフトウェアの起動制御や、使用されていない余剰分のライセンスをカットすることが出来ます。

KeyServer機能概要

KeyServerでできること

同時使用ソフトウェアのライセンス管理

同時使用ライセンスのカウント方法は、ソフトウェアのインストール数ではなく、同時に使用する最大数です。例えば学校のPCルームが複数ある場合、各教室のすべてのPCにソフトウェアをインストールすると、PC台数分のライセンス費が発生します。しかし同時使用ライセンスであれば、PC全台にソフトウェアをインストールしても、支払うライセンス費は最大同時使用数分でよいため、大幅なコスト削減が可能です。

使用状況把握

クライアントPCから収集した情報を元に、ソフトウェアの利用状況を可視化。ソフトウェアごとの最大同時利用数を把握することで、買いすぎをチェック。ライセンス数の正確な把握により、ライセンス数の最適化を計れます。

禁止ソフトウェアの起動制御

KeyServerは、同時使用ライセンスを認めたソフトウェアの使用超過時に起動制御を行なうだけではありません。ゲームソフトやファイル共有ソフトなど、同時使用ライセンス外のソフトウェアでも、管理者が利用を禁止したいものがあれば、KeyServerから起動を制御できます。

ソフトウェア利用の優先割り当て

授業カリキュラムにあわせて、必要ソフトのライセンスを曜日と時間帯で教室PCのグループに優先的に割り当てられます。優先割り当てを行なった時間帯は、当該グループ以外のPCからは利用できず、授業で必要なソフトウェアが使えないといったトラブルを回避できます。

ソフトウェア管理台帳を使った監査業務の効率化

KeyServerは管理者に代わって、自動的に管理対象PCのハードウェア情報、インストールされているソフトウェア情報を収集します。収集したデータから、クライアントにインストールされているソフトウェア一覧やバージョンの不一致、ライセンスの過不足集計などレポートなどを自動生成。これらのレポートテンプレートを101種類収録しています。

PAGE TOP