Mellanox 技術ガイド 各種ストレージとMellanoxスイッチの動作検証

各種ストレージとMellanoxスイッチの動作検証

検証内容

各種ストレージとMellanoxのスイッチを接続し、動作に問題がないか検証をする
試験項目は、下記の通り。

検証項目

(1) LinkUP(10G)
対象のストレージとMellanoxスイッチを結線し、スイッチ筐体とCLI上で10Gがリンクアップしていることを確認する。
(2) LinkUP(25G)
対象のストレージとMellanoxスイッチを結線し、スイッチ筐体とCLI上で25Gがリンクアップしていることを確認する。
(3) I/O試験(データ転送)
対象のストレージ上で、正常にデータ転送できていることを確認する。
(4) ポート冗長(LAG)
対象のストレージにてLAG、およびiSCSIサービスを設定する。(H300S)
疎通可能なPCからストレージのiSCSI用IPに対してPINGを発行しながら、ストレージ-スイッチ間の2本のケーブルを片方ずつそれぞれ抜線し、接続性に問題ないか確認する。
抜線後は再結線し、リンク状態が復旧することを確認する。
また、2本同時に抜線して疎通が途絶えた後再結線し、PING疎通が復旧することを確認する。
(5) スイッチ冗長(MLAG)
スイッチ側にMLAGを設定し、(4)の試験を実施する。

検証機種と結果

メーカー名製品名Mellanox
スイッチ
ストレージx
Mellanox間
ケーブル
LinkUp
(10G)
LinkUp
(25G)
I/O試験
(データ転送)
ポート冗長スイッチ冗長
NetApp HCI  H300E,
H300S
※H300Eは
LAG利用無し
 Mellanox  SN2010  Mellanox  25GbE DACケーブル
EMC VxRAIL V470 - - -
Isilon F800 - - -
Pure Storage FlashArray
//X10
- - -

※動作を保証するものではございませんので、必ず事前に検証の上、ご利用ください。

検証構成

NetApp

検証構成 NetApp

EMC

検証構成 EMC

Pure Storage

検証構成 PureStorage

PAGE TOP