Kaspersky Hybrid Cloud Security 製品情報

Kaspersky Hybrid Cloud Security

Kaspersky Hybrid Cloud Securityは、マルチクラウド環境向けに最適化された多層防御を提供します。プライベートクラウドやパブリッククラウド、または両方が混在する環境においても、利用場所、設置場所に依存することなく、柔軟でシームレスなセキュリティとリソースの消費効率化をバランスよく両立し、システムのパフォーマンスに与える影響を抑え高度な脅威から重要な企業データを保護します。

Kaspersky Hybrid Cloud Security

ハイブリッドクラウド環境におけるシームレスな管理を実現

ハイブリッドクラウド環境におけるシームレスな管理を実現

  • パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス上の仮想/物理マシンのセキュリティを「Kaspersky Security Center」で一元管理することが可能。
  • AWS および Azure のAPI を用いてクラウドセグメント上のインスタンスを検出し、セキュリティ製品をリモートインストール保護が可能。

次世代テクノロジーによる保護機能

次世代テクノロジーによる保護機能

  • 機械学習を組み込んだ多層型技術と、Kaspersky Security Networkによるクラウドベースのインテリジェンスによって、新しい脅威を迅速に特定し保護することが可能。
  • 従来の保護テクノロジーだけでなく、脆弱性攻撃ブロック、ホスト型IPS、振る舞い検知といった複数の次世代テクノロジーを実装。
  • ファイル変更監視によって、プログラムファイルなどへの不正な変更を検知。また、Windows イベントログを監視し、ブルートフォースアタックやWindowsイベントログを悪用する可能性のある、異常な振る舞いを検知して管理者に通知が可能。

柔軟なライセンス体系とTCO削減

柔軟なライセンス体系とTCO削減

  • 保護機能に応じた Standardと Enterpriseの2種類のライセンスを提供。
  • 保護対象環境に応じてCPU数、デスクトップ(VDI)数、サーバーOS数に基づいた複数のライセンス形態を提供、最も安価な構成パターンで購入可能。

ライセンスと含まれるアプリ―ション

Kaspersky Hybrid Cloud Securityには、以下5つのライセンスがあります。

ライセンス名ライセンスカウント含まれるアプリケーション
Kaspersky
Hybrid Cloud Security
デスクトップ
仮想環境上のクライアントOS数 Kaspersky Security for Virtualization Agentless
Kaspersky Security for Virtualization Light Agent
Kaspersky Endpoint Security for Linux(デスクトップのみ)
Kaspersky
Hybrid Cloud Security
サーバー
仮想環境上のサーバーOS数
+物理サーバーOS数
Kaspersky Security for Virtualization Agentless
Kaspersky Security for Virtualization Light Agent
Kaspersky Security for Windows Server
Kaspersky Endpoint Security for Linux
Kaspersky
Hybrid Cloud Security
Enterprise サーバー
Kaspersky
Hybrid Cloud Security
CPU
仮想環境基盤の物理CPU数 Kaspersky Security for Virtualization Agentless
Kaspersky Security for Virtualization Light Agent
Kaspersky Security for Windows Server
Kaspersky Endpoint Security for Linux
Kaspersky
Hybrid Cloud Security
Enterprise CPU

サーバー用ライセンスのStandardとEnterpriseの違い

機能StandardEnterprise
クラウドAPI - AWS、Azureとの連携
監視、レポート、RBAC、仮想管理サーバー
ファイル、メモリ、プロセス保護
脆弱性攻撃ブロック、ネットワーク脅威保護
共有フォルダ向け暗号化攻撃ブロック、ファイアウォール管理
デスクトップのアプリケーションコントロール、HIPS
サーバーのデバイスコントロール
Web AV、メールAV、フィッシング対策
サーバーのアプリケーションコントロール(デフォルト拒否)  
高度なネットワークIDS/IPS(KSV Agentlessのみ)  
ファイル変更監視(FIM)  
Windowsイベントログ監視(LI)  
大規模環境のサポート  

構成例1:自社のデータセンター(オンプレ)でのみ利用

構成例1:自社のデータセンター(オンプレ)でのみ利用前提:以下に対するStandardライセンスの機能が必要な場合
VMware ESXi ホスト x 2(それぞれ 2 CPU)

  • 仮想サーバー x 10
  • 仮想デスクトップ x 25

物理サーバー

  • Windows サーバー x 5
  • Linuxサーバー        x 3

提供ライセンス

a: Kaspersky Hybrid Cloud サーバー(10+5+3)+Kaspersky Hybrid Cloud Security デスクトップ(25)
b: Kaspersky Hybrid Cloud Security CPU(2x2)+ Kaspersky Hybrid Cloud サーバー(5+3)
※ aまたはbのいずれかの安価な方で購入可能

構成例2:パブリッククラウドでのみ利用

構成例2:パブリッククラウドでのみ利用要件:以下に対するStandardライセンスの機能が必要な場合
AWS

  • 仮想サーバー(Windowsサーバー) x 10
  • 仮想サーバー(Linuxサーバー)     x 5

Azure

  • 仮想サーバー(Windowsサーバー)       x 8
  • 仮想デスクトップ(Linuxデスクトップ) x 15

提供ライセンス

Kaspersky Hybrid Cloud サーバー(10+5+8)+ Kaspersky Hybrid Cloud Security デスクトップ(15)

構成例3:自社のデータセンター(オンプレ)とパブリッククラウドを併用

構成例3:自社のデータセンター(オンプレ)とパブリッククラウドを併用要件:以下に対するEnterpriseライセンスの機能が必要な場合
Azure

  • 仮想サーバー(Windowsサーバー)       x 8
  • 仮想デスクトップ(Linuxデスクトップ) x 20

VMware ESXi ホスト x 2(それぞれ 2 CPU)

  • 仮想サーバー x 10
  • 仮想デスクトップ x 25

物理サーバー

  • Windows サーバー x 5
  • Linuxサーバー        x 3

提供ライセンス

a: Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise サーバー(10+5+3+8)+ Kaspersky Hybrid Cloud Security デスクトップ(25+20)
b: Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise CPU(2x2)+ Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise サーバー(5+3+8)+Kaspersky Hybrid Cloud Security デスクトップ(25+20)
※ aまたはbのいずれかの安価な方で購入可能

PAGE TOP