保守サービス・サポート終息日について

サポートライフサイクルポリシー

VMware製品のサポートライフサイクル(サポート終了日)については、下記サイトの「製品のライフサイクルマトリックス」にてご確認いただけます。

VMware Support Life Cycle
※VMware製品のマイナーバージョン・メンテナンスリリースは、全て共通のサ ポート期間になります。例えばESX 4.0と4.1はどちらも2014/05/21にサポートが 終了します。
※ VMware Infrastructure 3.xのみ、特殊なサポートポリシーになります。 現在サポートされるバージョンはESX 3.5と3.0.3のみです。 ESX 3.0.2以前のサポートは全て終了しております。

用語と各サポートレベルについて

General Availability
製品のリリース日が記載される項目です。
End of General Support
サポート終息日が記載される項目です。
TBD
サポート終息日は未定です。
EOS Reached
サポートは既に終息しています。
General Support
新規ハードウェアのサポート、ゲスト OS のアップデート、バグとセキュリティの修正、およびテクニカル ヘルプデスク サービスが含まれます。
※メジャーリリース(Ver 3.0.0や4.0.0等)の一般提供日から複数年提供されます。
※製品によって、General Supportの期間は異なります。
Extended Support
このフェーズでは、新規ハードウェアプラットフォームはサポートされません。新規ゲストOSアップデートの適用は状況に応じて行われます。また、バグ修正は本質的にクリティカルな問題に限られます。クリティカルなバグとは、データの破損、消失、システムクラッシュ、またはお客様のアプリケーションの重大なダウンタイムを引き起こすような、製品機能仕様からの逸脱のことです。バグがクリティカルであると見なされるのは、上記の基準に該当し、実現可能な回避策が存在しない場合に限られます。お客様には、この期間にVIのより新しいリリースへの移行計画を開始することをお勧めします。
※ジェネラルサポート終了後、3年間提供されます。
※VMware Infrastructure 3.5・3.0.3 / vCenter 2.5.5に対してのみ提供されるサポートです。
Technical Guidance 
セルフヘルプページから基本的な支援を受けることができます。サポート対象の構成で重要度が低い問題について、オンラインでサポートリクエストを発行し、サポートを受けることができます。ただし、電話サポートは提供されません。また、新規ハードウェアのサポート、ゲストOSのアップデート、セキュリティのパッチやバグの修正は提供されません。提供可能な回避策の提示のみとなります。このフェーズは、システムが適度に安定した負荷の下で運用されている、安定した環境での用途を想定しています。
※ジェネラルサポートまたはエクステンデッドサポート終了後、複数年間提供されます。
※vSphereをはじめとした、一部製品にのみ設けられているサポート期間です。
PAGE TOP