VMware vSAN 製品概要

ハイパーバイザに統合された、次世代のハイブリッドストレージソフトウェア

ハイパーバイザに統合された、次世代のハイブリッドストレージソフトウェア

VMware vSANは、vSphereハイパーバイザに統合された、次世代のハイブリッドストレージソフトウェアです。
各サーバ内蔵のSSDとHDDをプール化し、SSDをリード/ライトバックキャッシュとして利用することで、高いパフォーマンスを発揮します。
お客様は高価なストレージを購入することなく、冗長性と拡張性を備えた仮想共有ストレージを利用できます。

機能紹介

シンプルで柔軟な拡張性

VMware vSANは、僅か数クリックで各サーバに内蔵されたSSDとHDDをプール化し、一つの共有ストレージとしたVSANクラスタを構成できます。容量が足らなくなっても、サーバやHDDを増設することで簡単にスケールアウトが可能です。

シンプルで柔軟な拡張性

VM単位でポリシーベースの管理が可能

VMware vSphere Storage Appliance(VSA)

VMware vSANでは、仮想マシンごとにサービスレベルのポリシーを設定することができます。
VMごとにIOPSや許容される障害数、フラッシュ読み取りキャッシュの予約量など、柔軟に設定し、リソースを有効活用していただけます。

各メーカーの機器に対応し、マルチベンダー構成が可能

VMware vSphere Storage Appliance(VSA)

VMware vSANは、各ハードウェアベンダーのサーバ・機器に対応しており、テスト済みの対応機器リストを公開しています。
お客様は要件に合うベンダー・機器を自由に選択し、VMware vSANクラスタを構成することが可能です。

フォルトドメインをGUIで簡単に設定

GUI上で、簡単にフォルトドメインを作成・設定することができるようになりました。 フォルトドメインを設定していただくことで、ホストに障害が発生した場合でも同一システムにおける障害の影響範囲を最小にすることができます。

GUI.png

ストレッチクラスタ

遠隔地同士でVMware vSANクラスタを作成することができます。アクティブ-アクティブの構成となり、サイト障害時もゼロダウンタイムで事業を継続可能です。

ストレッチクラスタ.png

vCenter内のvRealize Operations Managerダッシュボード

vSAN Advanced、vSAN Enterpriseのライセンスは、 vRealize Operationsのダッシュボードにアクセスして、vSAN環境の状態を可視化することが可能です。vCenter内のvRealize Operations Managerダッシュボード

保存データの暗号化

従来は、サードパーティのセキュリティソフトウェアなど追加のセキュリティ機能を購入する必要がございましたが、vSANではFIPS 140-2 の認定を取得した、業界初のネイティブソフトウェアベースでの、HCI による保存データの暗号化機能のご利用が可能です。

エディション

VMware vSANは、以下3種類のエディションおよびライセンスがございます。

  • vSphere同様に物理CPU単位でお求めいただける基本ライセンス
  • VDI環境向けに同時接続数単位でお求めいただけるライセンス (for Desktop) 
  • 2台から利用可能な小規模向けライセンス (for ROBO)

お客様のご利用環境にあった製品をご選択下さい。

 vSAN
Standard
vSAN
Advansed
vSAN
Enterprise
vSAN Standard/
Advanced/
Enterprise
for Desktop
vSAN Standard/
Advanced
for ROBO
ライセンス 物理CPU毎  物理CPU毎 物理CPU毎 10 同時接続毎/
100同時接続毎
25 VM毎
最低ホスト台数 3台 3台 3台 3台 2台
VSANクラスタの利用
Storage Policy-Based
Management
vSphere Distributed
Switch
オールフラッシュ
重複排除と圧縮
(オールフラッシュのみ)
 
RAID 5/6
イレイジャーコーディング
(オールフラッシュのみ)
 
ストレッチクラスタ      
QoS: IOPS の制限      
ブロックアクセス
(iSCSI)
 ラックの認識    
 ソフトウェアチェックサム    
iSCSI ターゲットサービス     
vCenter内のvReailize Operations Manager
ダッシュボード
     
 保存データの暗号化        
備考 VSANクラスタを構成するホストの物理CPU数分のライセンスが必要です。 機能はvSANのエディションに準拠します。
VDI環境でのみ利用できます。
機能はvSANのエディションに準拠します。
1サイトにつき25VMまで利用できます。

※○はVer 6.5からの新機能です。

vSANの構成について

vSAN Standard  (2Node vSAN)

既存で保有しているvSphereがあれば、その上にWitness Serverを立てることで さらにコストを抑えることができます(vSphereは3ノード必要です。拡張性が無い点にご注意ください。)vSAN-Standard (3Node-vSAN).png

vSAN Standard (3Node vSAN)

拡張を見込む場合は、3ノードのクラスタ構成からがおすすめです。 Witness Serverを立てないため、余計なリソース消費や拡張時の構成変更などがありません。vSAN-Standard- (2Node-vSAN).png

PAGE TOP