VMware Tanzu 製品概要

VMware環境とKubernetes環境を統合し、開発・実行・管理に対応

VMware Tanzu(以下Tanzu)はKubernetesを中核とした統合的なプラットフォームです。また、真逆の立場であるアプリケーション開発者とIT管理者のニーズを両立させることができます。

コンテナとは?

コンテナとは?
コンテナは、実行環境(CPUやメモリ等)を他のプロセスから隔離し、その中でアプリケーションを動作させます。メリットは軽量であり、あらゆる環境で柔軟にアプリケーションの開発や実行ができるので、可搬性に優れています。また、隔離したコンテナごとに異なるOS環境を使用することが可能です。

VMware Tanzuとは?

VMware Tanzuとは?
Tanzuには、Kubernetesを中心に上記製品が含まれており、クラウドネイティブの開発・実行・管理に適応し、オンプレミスやパブリッククラウド等、あらゆる環境、マルチクラウドで稼働するKubernetesを単一かつ統合された制御プレーンでの管理が可能です。また、多種多様なオープンソースや顧客要件等の個々の要件に合わせた開発を効率的に支援するサービスもあります。開発者も運用者もそれぞれ自分の役割に集中して利用ができます。

それぞれのTanzu製品の位置づけ

Tanzu Kubernetes Grid

それぞれのTanzu製品の位置づけ
Tanzu Kubernetes GridはオープンソースのKubernetesをベースとしており、オンプレミスやvSphere環境、パブリッククラウド等幅広い環境にKubernetes環境を構築し、クラウド上で展開可能なコンテナランタイムです。

Tanzu Mission Control

Tanzu Mission Control
データセンターやパブリッククラウドなどあらゆる場所のKubernetes環境を単一のコントロールプレーンで一元管理することができます。それにより運用の効率化を図る事ができます。

Tanzu Application Catalog

Tanzu Application Catalog
多種多様なオープンソース技術、顧客企業の要件に合わせたカスタマイズサービスを提供し、アプリを迅速にデリバリすることができます。作成したアプリのバージョン管理やアクセス制御など使い勝手の良さは開発者にとっての要件を満たし、管理者はセキュリティ面において要件を満たせることができます。

ユースケース

情報・通信企業

Tanzu導入前の課題/問題点

  • 各基盤の追加開発の追従
  • 複数基盤APIを1つに集約
  • 既存のシステムでの運用はオートヒーリングやオートスケール等に時間がかかる
  • 各ツールで別々の運用方法

Tanzu導入後

  • 各開発工程の短縮・簡便化
  • デプロイ時間が既存システムの300倍以上短縮
  • デプロイ頻度が既存システムの3倍増加
  • 管理範囲の削減により人手の削減も可能に

インターネット関連企業

Tanzu導入前の課題/問題点

  • 環境提供の時間がかかる
  • 別基盤への移行の敷居が高いため、主力基盤が使われ続ける

Tanzu導入後

  • 既存リソースの提供フローを改善
  • 複数の部門やサービスへの隔離された環境の提供が可能
  • 運用上Kubernetes そのものへ管理操作が少ない

ラインナップ

 BasicStandardAdvancedEnterprise
テーマ vSphere環境での
Kubernetesの実行
マルチクラウド環境でのKubernetesの実行と管理 DevOpsに組み込まれたKubernetes上のワークロード 自動化されたアプリ実行環境による開発生産性の向上
ビジネスインパクト リソース最適化 運用の簡素化と効率化 DevOpsとコンテナの
連携
アプリ開発生産性の向上
主要機能
  • Kubenetesベースのコンテナランタイム
  • 管理機能
  • ポリシーエンジンによるKubernetesの包括な管理
  • ロギングと監視
国内では未展開。今後提供予定
対象顧客
  • VI Admin
  • System Admin
  • Infrastructure Lead
  • Cloud Architect
  • DevOps
  • PlatformOps
  • VP pplication
  • CIO
PAGE TOP