VMware NSX Advanced Load Balancer

マルチクラウドに対応したソフトウェア型ロードバランサ
VMware NSX Advanced Load Balancer(以下、NSX Advanced Load Balancer)は、従来の物理型ロードバランサとパブリッククラウド型ロードバランサの良い部分を兼ね備えたソフトウェア型ロードバランサです。従来の機能に加え、WAF、リアルタイムのアプリケーション分析からセキュリティまで様々な機能を提供します。

従来の物理型ロードバランサの問題点

従来の物理型ロードバランサの問題点.png従来のロードバランサは高価な専用のハードウェアを購入する必要があり、別々にアプリケーションの負荷分散をしているため、余剰しているリソースがあっても他で転用するといった柔軟な対応はできません。また、中央集中管理ができないため、1台1台個別に管理する必要があり、管理者にとって大きな運用負荷となっています。

パブリッククラウドのロードバランサの問題点

パブリックラウドにおけるロードバランサにおいても、各クラウドサービス内だけの限定された機能であり、オンプレミスや複数のクラウドサービスを跨いだ運用は困難です。
また、従来の物理型ロードバランサの仮想版をパブリッククラウド上での稼働は可能ですが、本来、物理環境での使用が主であるため、仮想環境では柔軟性や自動化が十分に発揮できません。


NSX Advanced Load Balancerが解決!

機能紹介

【ロードバランス・オートスケール】コントローラによる一括管理と伸縮自在なサービスエンジン

【ロードバランス・オートスケール】コントローラによる一括管理と伸縮自在なサービスエンジンNSX Advanced Load Balancerは、100%ソフトウェアの製品で、オンプレミスのデータセンターやマルチクラウド環境といった、様々な環境に対応します。構成として、環境全体の司令塔の「コントローラ(コントロールプレーン)」とトラフィックを制御し、データ転送を担う「サービスエンジン(データプレーン)」が分離しているため、アプリケーションごとのロードバランスが可能で、コントローラでの一括管理が可能です。また、サービスエンジンを追加するスケールアウト、CPUを追加するスケールアウトの両方に対応し、オートスケールによってアプリケーションの需要に応じて自動でリソースの割り当てができます。

【可視化・セキュリティ】アプリケーションの可視化と高度なセキュリティ機能

【可視化・セキュリティ】アプリケーションの可視化と高度なセキュリティ機能NSX Advanced Load Balancerは、ロードバランスに加え、経由するトラフィックの情報をリアルタイムに収集します。収集した情報を基にアプリケーション解析を行い、あらゆる情報を可視化します。可視化により、アクセスしているデバイスの端末情報やトランザクションの持続時間など詳細な情報をグラフィカルに見ることができます。また、現在サイバー攻撃を受けているかどうか、設定ミスや脆弱な箇所はないかということを早期に発見することができるため、セキュリティの強化を図ることが可能です。

購入方法

VMware NSX Advanced Load Balancerは、「永続ライセンス+保守」と「タームライセンス(1年/3年)」の2種類で提供しております。

ライセンス単位

「Service Core(vCPU)単位」ライセンス単位
サービスエンジン(SE)に割り当てるvCPU数のライセンスが必要です。ホスト数、物理CPU数、コア数、およびハイパースレッドの使用有無には依存しません。
「CPU単位(VCF/NSXのアドオン専用)」
VCF/NSX のCPUライセンス数と同数購入する必要があります。また、NSX Advanced Load Balanceの購入が前提となっております。
※CPU単位のライセンスはVFC/NSXのアドオンのみ利用可能で、単体購入は不可となります。CPU単位のライセンスは販売条件があるため、ご発注の際は必ずNWにご確認をお願い致します。
PAGE TOP