NVIDIA 技術ガイド ディープラーニング

ディープラーニングとは

ディープラーニングは人工知能 (AI) 関連で最も急成長している分野です。コンピュータでディープラーニングを行うことで、膨大な量の画像、音声、テキストなどのデータを分析し、意味を把握できるようになります。現在では、複数のレベルのニューラルネットワークを使用することで、コンピュータが人間と同等またはそれ以上に複雑な状況を認識、把握して、対応できるようになりました。これによって、データ、テクノロジ、提供する製品やサービスに関するまったく異なる考え方が導き出されます。

NVIDIA はディープラーニングを推進してきたパイオニアであり、長年にわたってディープラーニング関連のソフトウェア、ライブラリ、ツールを開発してきました。 現在提供されているディープラーニングソリューションのほとんどで、画像、手書き、音声の識別といった困難な用途のトレーニングと高速化に、NVIDIA GPU アクセラレーションコンピューティングが利用されています。

新しいコンピューティングモデル

従来のCV(コンピュータビジョン)では、撮影した画像から実世界の情報を取得するため、様々なアルゴリズムを組み合わせて認識を行っていましたが、認識プログラムの開発は非常に時間のかかる作業でした。これに対して、ディープラーニングで大量のデータを利用して学習を行わせると、学習には高い計算能力を必要としますが、より簡単に認識が可能になりました。
ディープラーニングによる画像認識は、従来のCV(コンピュータビジョン)とはまったく異なる計算モデルを使っており、コンピュータが処理すべき計算のモデルが変わってきています。

ディープラーニングを加速する3つの要因

  • ディープ・ニューラル・ネットワーク(DNN) → 優れたディープラーニングのモデル
  • ビッグデータ  → DNNに与える良質で大量のデータ
  • GPU → 膨大に時間のかかる学習時間を短縮

GPUの処理能力の向上することで、多くの学習を行え、開発効率を向上させることができるようになります。

NVIDIA DIGITS

NVIDIAでは、ディープラーニングGPUトレーニング・システムとして、DIGITSを提供しています。DIGITSは、高品位なディープ・ニューラル・ネットワークを構築するために必要なソフトウェアが用意されており、画像分類用ディープ・ニューラル・ネットワークの設計から訓練までをカバーしています。

NVIDIA DIGITS

PAGE TOP