LifeKeeper 製品概要

LifeKeeperの基本機能

サーバーとアプリケーションを稼働系と待機系とに二重化し、相互に監視します。 稼働系システムに異常が発生した時には、待機系に役割を引き継ぎし(=フェイルオーバー)障害によりシステムが停止する時間を大幅に短縮します。
夜間・休日のシステム停止による運用部門の負担を大きく軽減することが可能です。

共有ディスク構成

共有ディスク構成

データレプリケーション構成

データレプリケーション構成

LifeKeeperの特徴

(1)様々なシステムに対応

クラウド・仮想環境・物理など、多様な環境に対応しています。
既存環境の運用を極力変えずにシステムの可用性を高める事ができます。

様々なシステムに対応

(2)簡単導入、スムーズな運用管理

ウィザード形式による簡単インストールが可能です。
またオプション製品の利用で、お客様がスクリプトを作成する必要なく、SQLserver、 Oracle、 JP1、SAPといった主要なアプリケーションはもちろん、ユーザ固有のアプリケーションにも対応可能です。
導入後の運用管理もGUIでの直感的な操作でスムーズに。

  • 他社製品にくらべ、約1/2~1/3の時間で構築が可能
  • サービスを止めずに設定を変更
  • 事前の動作確認や、依存関係を自動生成

簡単導入、スムーズな運用管理

(3)多数の導入実績

グローバルで25年、60,000ライセンス以上の導入実績。
公共、金融、製造を中心に、ミッションクリティカルなシステムの安定運用を支えています。

多数の導入実績

PAGE TOP