Cisco Umbrella 製品概要

DNSセキュリティ Cisco Umbrella

Cisco Umbrella

インターネット接続をブロッキングする方法として、

  1. パケットフィルタを使う方法
  2. キャッシュDNSサーバーを使う方法

の大きく2つの方法があります。
1.のアプローチの場合、企業によっては本社やデータセンターにセキュアなインターネットゲートウェイを用意し、外出時はVPNを張るようにルール化されている場合もありますが、ユーザーからすると非常に面倒であり、形骸化しているケースが少なくありません。
現代社会は、インターネット接続の大部分をDNSによる名前解決に依存しているため、2.のアプローチである、セキュアなキャッシュDNSサーバーを利用することで、インターネット接続の“初期の初期”の段階で大半の脅威から端末を護ることが可能となります。またユーザーからすると、面倒なVPN接続が不要で、かつダイレクトインターネットアクセスによるアクセススピードの向上が期待できます。

Cisco Umbrellaの特長

  • Umbrellaが提供するセキュアなインターネットゲートウェイを利用することで、ユーザーの居場所(社内/社外)やVPNの有無に関係なく、インターネットへの安全なアクセスを提供
  • 業界でも著名なアナリストを有するインテリジェント機関「Cisco Talos」が危険なドメイン情報を日々検査し、堅牢なセキュリティを提供
  • URLフィルタリングと違い、全てのポートとプロトコルを護れる
  • DNSサーバーをUmbrellaに向けるだけの簡単導入!※ユーザーの可視化が不要な場合
PAGE TOP