ALog Smash 製品概要

ALog Smash

ALog SMASH (以下SMASH)は、サーバアクセスログ-シェアNo.1を誇るALog ConVerterを中小規模向けに新設計したサーバアクセスログ製品です。
ログを取りたいサーバに直接インストールするので、ログ管理用の専用サーバが不要です。勿論データベースの構築や、PCへのエージェントインストールも不要です。

SMASHの必要性

いまや『守るべき重要情報』を持たない企業を見つけるほうが困難な時代です。
漏れてはいけない重要情報の保護は、セキュリティの最優先課題です。

SMASHの必要性

社員のミスを含めた情報の流出を防ぐために、USBメモリの利用やメール送信を監視・制限することはもちろん有効です。
しかしこれらの対策は膨大なコストと手間がかかる上に、社員の士気を下げる結果にもなり得ます。
大事なデータが保管されているサーバを重点的に監視するALog SMASHなら、PCの監視・制御に比べ圧倒的に効率的です。

PCの監視/制御

PCの監視/制御

サーバーのデータ監視

サーバーのデータ監視

SMASHができること

これからのセキュリティ対策

誰がそのデータにアクセスしたか?を記録しておけば、有事の証拠になり、不正の予防にもなります。
社員の端末を見張るのではなく、サーバ上の大切なデータを監視する。これが最低限かつ最適なセキュリティ対策です。

SMASHなら、誰が書き換えたか分かります

SMASHなら、誰が削除したか分かります

SMASHの特徴

簡単インストール

インストール&初期設定は、簡単なウィザードであっという間に完了。
IT管理者が不在のオフィスでもすぐにログ管理を始められます。

簡単インストール

専用サーバー不要

ファイルサーバに直接インストールするので、専用の管理サーバやデータベースを用意する必要がなくリーズナブル。

専用サーバー不要

超コンパクト

ALog SMASHは、独自のログ変換ロジックで「OSの複雑なイベントログ」を「ユーザー操作が実際に行った操作のログ」に翻訳変換します。
変換したログは数千分の一に圧縮して保管。超コンパクトだから大容量ディスク不要で長期保管を実現します。

超コンパクト

SMASHはココがすごい!

例えば、ユーザーがエクセルのファイルを「開いて」「書き込んだ」操作をした場合、「A,B製品」では「何をしたのか」がわかりません。
SMASHなら独自のログ変換ロジックで、「READ」=「開いて」「WRITE」=「書き込んだ」と、実際の操作通りのログを出力し分析変換することが可能です。

SMASHはココがすごい!

機能紹介

検索

検索

シンプルなビューアを使って、見たいログを簡単に抽出できます。「退職予定者の1ヶ月間のファイル操作を知りたい」「重要ファイルを最後に更新した人を知りたい」といった絞り込みも簡単です。

レポート/アラート

不審な操作をピックアップ
不審な操作を検知すると文字色が赤く変わるので一目瞭然です。

詳細なログを表示
詳細なログから不審な操作をトレースできます。

監視設定
時間や曜日を細かく指定できるので、「土日のアクセス」や「深夜のアクセス」などの監視が可能です。

CSV化してログを保管

CSV化してログを保管

ログは自動的にCSVファイルに書き出され、日毎に圧縮して保管されるので、運用の手間は最小限。もちろん過去のCSVファイルをSMASH本体にインポートすることもできます。

不正を見つけてアラート

不正を見つけてアラート

事前に監視したい操作をあらかじめ定義しておけば、条件に合致するログが見つかった時に、管理者にアラートメールを送ることが可能です。

PAGE TOP