VMware vCloud Director 製品概要

セキュアなマルチテナントのクラウドサービスを実現する統合管理ツール

VMware vCenter CapacityIQ™

vCloud Directorは、各ユーザ企業が自由にクラウド上のリソースを利用できるセルフサービスポータルを提供し、ユーザ企業ごとに詳細なサービスレベルを規定し管理できる、クラウド環境に特化した統合管理ツールです。

機能紹介

セルフサービスポータル

vCloud Directorは、vSphere上の仮想マシンのテンプレート、リソース、仮想アプライアンス、定型ワークロード等をカタログ化し、セルフサービスポータルから各エンドユーザ企業へ提供します。 各エンドユーザはポータルから自由にカタログを選択して仮想マシンのデプロイやリソースの追加をリクエストでき、サービスプロバイダはそれらに即座に対応する事ができます。

セルフサービスポータル

リソースグループ管理

vCloud Directorは、各エンドユーザ企業ごとに、リソースを様々な形でグループ分けして管理する事ができます。

リソース
グループ
内容
Organization ユーザやリソースを割り当てる論理グループ
ユーザはOrganizationグループごとに管理
各Organizationグループごとに、カスタマイズされたサービスポータルを設置
Provider
vDC
Organizationを「Tier」「Capacity」「Group」の3種類のグループで細分化
Tier : ストレージ性能ごとに、Gold/Silver/Bronzeといった形に分離
Capacity : 割り当てるコンピュートリソースサイズごとにLarge/Medium/Smallといった形に分離
Group : vSphereのクラスタごとに分離
Organization
vDC
各Provider vDCのリソースの割り当てモデルを3種類から選択し、それに応じた課金が可能
Pay as you go : PvDC内の仮想マシン数を規定し、展開に応じて都度リソースを割り当てる
Allocation Pool : PvDCの一定のリソースを割り当てる。管理者はオーバーコミットを制御可能。
Reservation Pool : PvDCの一定のリソースを割り当て、その100%のリソースが保証される。
Network 3つのパターンのネットワーク接続を自由に組み合わせて提供可能
Internal : vApp同士を接続できるが、外部へ接続できない
External Routed : vApp同士を接続する他、外部への接続もNAT及びFireWallを介して提供
External Direct Connect : vApp同士を接続する他、外部への直接接続を提供

Organization

ユーザはOrganizationのグループ単位で管理され、LDAPサーバでユーザ認証を行います。
各ユーザはOrganizationに関連づけられ、且つサービスプロバイダのシステム管理者とOrganization管理者から許可されたリソースにのみアクセスする事ができます。

Provider vDC (Virtual Data Center)

提供するストレージの種類等によって、Provider vDCのレベルを細分化して管理できます。 例えばGold vDCはFibre Channelデータストア、Silver vDCはSATAデータストアといった形に分け、顧客企業や部門へのサービスレベルによって、グループを使い分ける事ができます。

Provider vDC (Virtual Data Center)

Organization vDC

Provider vDCにvApp(仮想マシングループ)を作成する際、どのようにリソースを割り当てるかを3種類のリソース割り当てモデルから選択できます。

Pay as you go

Organization vDC上にvAppが作成される都度、リソースを割り当てます。リソースの上限設定はありません。ユーザが拡張し続けた場合等、予期しない請求が発生する可能性があります。

Allocation Pool

最初に割り当てたリソース分から、さらにオーバーコミット値を設定できます。管理者はユーザからのリクエストに応じて、オーバーコミットの上限まで徐々にリソースを拡張できます。デフォルトはこの設定になります。

Reservation Pool

最初に割り当てたリソースを100%利用できます。オーバーコミット値は設定されず、拡張できません。

Organization vDC

vShield Edge for vCloud Director

vCloud Directorには、vShield Edgeの一部機能が無償でバンドルされています。vShield Edgeの機能により、各vApp・Organizationネットワークを他ネットワークのセグメントから分離し、安全にご利用いただく事が可能です。

機能

・セキュリティゲートウェイサービス
・Firewall
・DHCP
・NAT
・ポートフォワーディング
・IPマスカレード

vcloud_image05.jpg

vCenter Chargebackとの連携

vCenter Chargebackと連携し、Organization vDCの割り当てモデルに当てはめた正確なコスト分析、課金、レポートを行えるようになります。
vCenter Chargebackでは、課金対象のリソースとして、 CPU / メモリ / パブリックIPアドレス数 / ネットワークI/Oトラフィック(GB/Hour) / ストレージ使用量 / ディスクI/O(GB/Hour) / 固定コスト を組み合わせて選択できます。

(課金例) Pay as you go

プロビジョニングしたvAppの種類やサイズ、使用量に応じた従量課金。

Allocation Pool

最初にコミットされた分は定額とし、オーバーコミット分は使用量に応じて従量課金

Reservation Pool

実際の使用量に関わらず、割り当てた100%のリソースに対して定額課金

vCenter Chargebackとの連携

PAGE TOP