VMware AirWatch 製品概要

VMware AirWatch は、2018/5/13をもって販売終息となります。  
後継製品については、VMware Workspace ONEをご覧ください。

BYODに適したエンタープライズモビリティマネジメントを提供

AirWatchはVMwareのエンタープライズモビリティ管理製品です。モバイルデバイスで利用するアプリケーション、コンテンツ、メール、ブラウザ等の管理を統合し、ワンストップで提供するモバイルソリューションです。企業における業務専用のワークスペースをモバイル内に構成し、個人利用のアプリケーションやメール等から切り離すことで、BYOD環境においても高いセキュリティを保った状態で業務アプリケーションやデータを利用することができます。

多様なセキュリティアプローチに対応

ソリューション概要

AirWatchはモバイルデバイスマネジメント(MDM)、モバイルアプリケーションマネジメント(MAM)、モバイルコンテンツマネジメント(MCM)、モバイルEmailマネジメント(MEM)の4つの主要機能からなっています。 モバイルに求められるデバイス管理やアプリケーション管理、コンテンツ共有や企業メール送受信等、それぞれこの4つの機能により提供されます。

エンタープライズモバイルマネジメントプラットフォーム

マルチテナンシー

サイト、部署、チーム等、企業組織の階層ごとにポリシー設定を行うことができます。各テナントごとに権限や利用制限を設定するだけでなく、下位層は上位層のポリシーを引き継ぐことが可能です。

マルチテナンシー

サードパーティ製品との連携

モバイルデバイスからのアクセスにおけるネットワーク機器や、ディレクトリサービス、認証、コンテンツフィルタリング等、さまざまな製品と連携が可能です。企業のセキュリティポリシーや既存環境にあわせてデバイス管理に必要なサードパーティ製品を利用できます。

サードパーティ製品との連携

PAGE TOP