VMware AirWatch モバイルデバイスマネジメント(MDM)

bana_movie.jpg

機能紹介

モバイルデバイスマネジメント(MDM)

ポリシーの自動設定によるコンプライアンス維持管理

モバイルデバイスにおけるコンプライアンス維持のためのポリシー設定を自動的に行うことができます。ネットワーク機器や、ディレクトリサービス、認証、コンテンツフィルタリング等、さまざまな製品と連携が可能です。企業のセキュリティポリシーや既存環境にあわせてデバイス管理に必要なサードパーティ製品を利用できます。

多様なセキュリティアプローチに対応

多様なセキュリティアプローチに対応

リモートワイプ、ロック

モバイルデバイスにパスワード等のセキュリティポリシーを強制し、WiFiやVPNなどの設定をプロファイルとして自動配布。デバイス紛失時にはリモートワイプで企業情報を消去します。

マルチテナンシー

マルチテナンシー

ユーザー自身によるデバイス管理

デバイス紛失時や盗難時等、IT管理者の対応を待たずにユーザー側でリモートワイプやロックを行うことが可能です。ユーザー側で行ったワイプやロック作業については、実行段階で管理者側に通知され、いつどのデバイスで 何が行われたかは常に管理者にて把握することができます。ユーザーに最低限の権限を与えることで、IT管理者の負荷を抑えることができます。

ユーザー自身によるデバイス管理

GPSトラッキング

モバイル端末のGPS機能を利用し、端末紛失時に位置情報を確認することが可能です。また、時系列の端末移動履歴を確認することができ、トラッキングによる紛失対応を迅速に行うことができます。 さらに、距離による使用可能範囲を設定し端末利用を制御することも可能です。構内/社内利用専用端末の持ち出しを防ぎ、情報漏えいや端末盗難対策として利用できます。

GPSトラッキング

ブランディング

コーポレートデザインやロゴにより画面をカスタマイズできます。

ブランディング

 

その他の主要機能

  • レポーティング       デバイスのポリシー状態の閲覧、レポーティング
  • プロファイル配布 グループや個人へのプロファイルの配布
PAGE TOP