日本クアンタムストレージ 製品情報 (Scalar)

Scalarとは?

Scalarライブラリは、アーカイブ・アプリケーションおよびデータの長期保持のための最良の選択肢です。プロアクティブな自動監視および管理機能によって管理に費やす時間が短縮され、サービスの中断も低減されるため、ITスタッフは重要なビジネス目標に集中することができます。管理のしやすさ、業界をリードするパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティなどの特長を見れば、クアンタムがテープ・オートメーション市場のシェアNo.1の地位を獲得した理由は明らかです。

製品特長

クラス最高の搭載密度(100スロット/6U)

クラス最高の搭載密度.png

サーバモジュールを追加し
コンバージドシステムとして稼働可能

サーバモジュールを追加しコンバージドシステムとして稼働可能.png80 PLUS電源 例:LTFSアプライアンス

製品特長(LTFS)

Scalarの特徴(LTFS).png

  • Liner Tape File System
  • テープライブラリのテープやファイルにクライアントPCから直接アクセス可能
  • LTFSをサポートしたテープドライブの読み書きが可能
  • データの受け渡しが容易  
  • バックアップソフトを使用せず、データへのアクセスや管理を行う
  • LTO5以降のドライブでサポート

iBlade 統合ソリューション(Veeam and LTFS)

iBlade-統合ソリューション(Veeam-and-LTFS)

  • Scalar i6 and i3 ライブラリにブレードサーバを搭載可

 Scalar-i6-and-i3-ライブラリにブレードサーバを搭載可.png

Scalar テープライブラリ ラインアップ

 


Scalari3.png


Scalar i3


Scalari6.png

Scalar i6, AEL6
Scalari6000.png
Scalar i6000, AEL60000
Capacity
  • 3-12U
  • 25 – 200 スロット
  • 1 – 12 HH ドライブ
  • 0 – 100 I/E スロット
  • LTO6-7(IBM)
  • 6-48U
  • 50 – 800 スロット
  • 1 – 24 FH ドライブ
  • 0 – 240 I/E スロット
  • LTO6-7(IBM)
  • 6-48U
  • 100 – 12,006 スロット
  • 1 – 192 FH ドライブ
  • 24– 1,104 I/E スロット
KeyFeatures
  • アドバンスドレポーティング
  • パーティショニング
  • 冗長化電源
  • コントロールパス・
    フェイルオーバー
  • Web Services
Adds:
  • EDLM
  • アクティブ・ボルト
  • コントロール &
  • データパス フェイルオーバ
Adds:
  • デュアルロボット
  • アドバンスド I/E オプション
  • Webカメラ
  • HDEM

Scalar 製品比較表(1)

機能比較Scalar i3Scalar i6Scalar i6000
最小サイズ 3U 6U フルラック
最大サイズ 12U 48U 20 Racks
最小容量(非圧縮 LTO-7) 25 スロット 150 TB 50 スロット 300 TB 100 スロット 600 TB
最大容量(非圧縮 LTO-7) 200 スロット 1.2 PB 800 スロット 4.8 PB 12,000 スロット72 PB
HH Drives 1 〜12    
FH Drives   1 〜 24 1 to 192
サポートされるドライブタイプ LTO-7 LTO-7 LTO-6 LTO-7

Scalar製品比較表 (2)

機能比較Scalar i3Scalar i6Scalar i6000
高密度型デザイン 〇 (HDEM)
キャパシティ オン デマンド
HH Drives    
FH Drivers  
モバイルデバイスでの管理  
iLayer でのプロアクティブな診断
iLayer Advanced Reporting
RESTful web services
コントロールパス フェイルオーバー
データパス フェイルオーバー  
EDLM  
Active Vault  
デュアル ロボット    
PAGE TOP