LanScope Cat 製品情報

LanScope Catとは

IT資産管理・内部不正から、外部脅威対策を1つのツールとして提供するエンドポイントセキュリティツールです。 セキュリティリスクを下げならが、企業が本来なすべきことに集中できる環境をご提供します。

LanScope Catは、IT資産管理から 統合型エンドポイントマネジメントへ

LanScope Catは1996年の誕生以来、ITの進歩と共に成長し続けてきました。ハードウェアやソフトウェア自体が高価であった1990年代には、それらを管理する為の資産管理として。IT 活用がさらに活発化する中2000年からは、組織にとって重要な資産となる個人情報の保護のため。そして2016年、高度化/深刻化するサイバー脅威に対応すべく新たに「外部脅威対策」の分野に機能拡張し、『IT 資産管理』から『統合型エンドポイントマネジメント』へと進化しました。

LanScope Catは、IT資産管理から 統合型エンドポイントマネジメントへ。

システム構成

LanScope Cat システム構成

LanScope Catの特長

IT資産管理から、情報漏えい対策、外部脅威対策まで幅広く対応しています。
必要な機能の選択方式のため、ニーズに合わせて無駄のない購入ができます。

機能一覧

LanScope  Cat  機能一覧

機能PICK UP

操作ログ管理機能
PC操作のログを管理し、 業務効率を下げずに、セキュリティモラル向上や障害発生時の問題発見ができます。
LanScope Cat  操作ログ管理機能
サマリー機能
「環境」「効率」「行動」のカテゴリごとに正常率が表示されます。 また、グループ別やクライアント別のアラーム数ランキングを確認し、社内の状態と課題を数値で把握することができます。
LanScope Cat サマリー機能
正常率
取得したログとアラームの数から正常率を3 つのカテゴリにわけて表示します。また、比較期間(前日・先週・先月)との変化が数値で表示されるので、対策の効果などもみることができます。
カテゴリアラーム
環境 資産情報の変更や新規・禁止アプリの起動、通信デバイスの接続など、環境の変化を捉えることができます
効率 深夜や早朝、土日の操作など、業務時間外の操作を把握することができます。
行動  重要な顧客データのコピーや印刷、不正サイトの閲覧やメール送信など、情報漏えいに繋がる行動を把握することができます。
アラーム管理機能
社内ネットワーク上の変化と異常をひと目でチェック!WEBブラウザで簡単にルール違反の有無をチェックできます。ルール違反が、どのPCで何件あったかについても把握でき、その詳細を、ログで確認できます。
LanScope Cat アラーム管理機能
問題を知らせるアラームの詳細はこちら
カスタムアラーム機能
カスタムアラームでは、管理者が本当に知るべき違反操作を独自に設定することで、一日数件程度の見るべきログのみをアラームで受け取ることができ、日々の運用の効率化を実現します。これにより、問題行動をより発見しやすくなり、ログ運等の最大の課題である『ログの量が多くて日々確認しきれない』という課題を解決する事ができます。

労務管理・業務効率向上につながる行動を促進
LanScope  Cat  カスタムアラーム機能
外部脅威対策機能 プロテクトキャット Powered by Cylance
Cylance社の人工知能エンジンを搭載した、マルウェアの検知・隔離と、流入経路の追跡を行える、次世代型マルウェア対策機能です。
外部脅威対策機能 プロテクトキャット Powered by Cylance
プロテクトキャットの特長
これまでのウイルス対策ソフトやふるまい検知、サンドボックスのように、止められないことが前提の事後対策ではなく、未知の脅威でも実行前に検知し防御することができます。クラウドにあるAIに10億のファイルを学習させ、各ファイルから最大700万の特徴を抽出。マルウェアか正常ファイルかを判断する数理モデルを作成し、エンドポイントに導入します。また、検知した脅威ファイル情報をアラームとしてレポートします。 LanScope Catが取得するデータと組み合わせることで、インシデント発生時・発生前後のPC操作ログから、特定のWebサイト閲覧・標的型メールの開封など、流入原因を確認し特定する事ができます。 また、他の端末に同じ脅威ファイルが存在しないかを確認し、存在した場合はネットワークから遮断するなどの対策をすることで、被害を最小限にとどめることも可能です。
ダッシュボード
PAGE TOP