トピックス

ロシア、ベラルーシ、ウクライナのドネツク、ルガンスク地域向け販売停止・Partner Worldプログラム停止のお知らせ

  • IBM(Hardware)
  • IBM ポータルサイト
  • IBM(Software)

2022.04.08

0
-----------------------------------------------------------------------
【IBM】全てのIBMビジネス・パートナー様は、この重要なご案内を必ずご熟読ください
-----------------------------------------------------------------------
最近、米国、欧州連合(EU) などの国々が、ほとんど全ての IBM ハードウェア、ソフトウェア、技術 ( 以下「管理品目」)の輸出、再輸出、または移転を禁止する輸出規制および経済制裁を、ロシア、ベラルーシ、およびウクライナのドネツク、ルガンスク地方(以下、「禁輸先」)に対して課しました。

これに基づき、IBMは 2022年3月7日に、禁輸先にすべてのオファリングの提供を停止しました。

これは、管理品目の輸出、再輸出、また移転を行う者に対して、これらの管理品目の不法取引を禁輸先に対して行われることを防ぐために適切な措置を講じる必要があることを認識させるものです。

IBM ビジネス・パートナー様は、IBM ビジネス・パートナー契約 (BPA) およびIBM Embedded Solution Agreement (ESA)の条件に基づく、法律上の制限およびIBM のコーポレート・ポリシーに従って、禁輸先内の政府によって所有される組織、市民または国家、または本社がある企業に対するサービス、販売を継続的に停止する必要があります。
・補足
 BPAはこちらよりご確認頂けます。
 ESAは別途締結された契約書をご確認ください。

IBM 製品・サービスの再販における基本条件 IBMビジネス・パートナー契約の第4.1項 および ESAの第7.a項 では、すべての IBM ビジネス・パートナーが、すべての輸出規制および経済制裁に関する法律および規制(米国のものを含む)を遵守する必要があると規定しています。また、ESAの第7.c項により、「BPおよび IBM が適用される輸出入関連法規を確実に遵守するために、IBMは、BPと特定のエンド・ユーザーまたはダウンストリーム・セラーとの取引を禁止することができます。」と規定しています。

2022年3月8日の発表で、IBM は、ロシアにおけるすべての事業を停止したことを発表しました。

IBM は以下を停止するとともに、IBM ビジネス・パートナー様に対して、以下によって取得された販売および継続的なサービスを同様に一時停止する必要があることを通知します。

・ IBM 製品の販売、および「禁輸先」地域にある本社を置く、または所在するお客様またはパートナーへの継続的なサービスの提供。 
・ 「禁輸先」の政府、市民、国民、または本社を置く企業が過半数を所有する全てのパートナーへの IBM 製品の販売と継続的なサービスの提供。場所は問いません。 
・ IBMまたはパートナーによる、「禁輸先」の政府、市民、国民、または本社を置く企業が過半数を所有する全てのお客様への、IBM 製品の販売と継続的なサービスの提供。場所は問いません。 
・ 「禁輸先」に本社を置く、または所在するパートナーのPartnerWorldプログラムへのアクセス。 
・ 「禁輸先」の製品、市民、国民、または本社を置く企業が過半数を所有するパートナーのPartnerWorld プログラムへのアクセス。場所は問いません。
一覧へ戻る