DXを加速させるクラウドネイティブソフトウェア

ハイブリッドクラウド対応の次世代システム統合基盤

IBM Cloud Paks

IBM Cloud Paksは顧客のDX体験をユースケース毎に製品化しており、現在6製品を提供しています。IBM Cloud Paksが必要とされるようになった背景から、各Cloud Pakの製品概要やメリット、ライセンスの考え方まで、分かりやすくご紹介いたします。

IBM Cloud Paks
  • IBM Cloud Pak for Applications

    IBM Cloud Pak forApplications

  • IBM Cloud Pak for Data

    IBM Cloud Pak forData

  • IBM Cloud Pak for Data

    IBM Cloud Pak forIntegration

  • IBM Cloud Pak for Automation

    IBM Cloud Pak forAutomation

  • IBM Cloud Pak for Multicloud Management

    IBM Cloud Pak forMulticloud
    Management

  • IBM Cloud Pak for Security

    IBM Cloud Pak forSecurity

04

ケーススタディ実際の活用現場

インフラエンジニアが不足しており、
コンテナを管理することができない

OSSによるシステム開発を得意とするあるSier様は、お客様から次期システムとして、コンテナ型のマイクロサービス指向のシステム開発依頼を受けました。調査を行ったところ、OpenShiftを活用したシステム構築がベストであると結論がでましたが、自社でOpenShift、Kubernetesを扱えるエンジニアがおらず、育成に時間がかかることからご提案が難しい状況に陥りました。

課 題

IBM Cloud Paksを利用しアジャイル開発、
マイクロサービス化したシステムを開発したいが、
OpenShiftやKuberanetesの管理ができない

解決策

Red Hat OpenShift on IBM Cloudを活用して
インフラ環境の運用をアウトソースすることで、
OpenShift上のアプリ開発に注力可能

[ Red Hat OpenShift on IBM Cloudの例 ]

Red Hat OpenShift on IBM Cloudとは

IBMがOpenShiftを管理するため、お客様は、アプリケーションに集中できます。
またOpenShiftにより容易にマルチクラウド環境が構築可能となり、柔軟で拡張性の高いアプリケーションプラットフォームとしてご利用可能です。