DXを加速させるクラウドネイティブソフトウェア

ハイブリッドクラウド対応の次世代システム統合基盤

IBM Cloud Paks

IBM Cloud Paksは顧客のDX体験をユースケース毎に製品化しており、現在6製品を提供しています。IBM Cloud Paksが必要とされるようになった背景から、各Cloud Pakの製品概要やメリット、ライセンスの考え方まで、分かりやすくご紹介いたします。

IBM Cloud Paks
  • IBM Cloud Pak for Applications

    IBM Cloud Pak forApplications

  • IBM Cloud Pak for Data

    IBM Cloud Pak forData

  • IBM Cloud Pak for Data

    IBM Cloud Pak forIntegration

  • IBM Cloud Pak for Automation

    IBM Cloud Pak forAutomation

  • IBM Cloud Pak for Multicloud Management

    IBM Cloud Pak forMulticloud
    Management

  • IBM Cloud Pak for Security

    IBM Cloud Pak forSecurity

02

IBM Cloud Paks概要 6つのPak紹介

クラウドネイティブを推進させる統合プラットフォーム
システムのモダナイゼーションを加速させDXを実現

必要な機能をオンプレミス、IBM Cloud、他社パブリッククラウドを問わず、タイムリーにデプロイ

IBM Cloud Paksの各製品について、特徴や役割をご説明いたします。

IBM Cloud Paksの特徴

  • システム環境に応じて最適な
    ソフトウェアに組み換え
  • 契約中のライセンスから移行可能
  • Red Hat OpenShiftをバンドル
    (一部制約あり)
[ IBM Cloud Paks各製品に共通する構成 ]
  • 共通の運用サービス
  • コンテナ対応済みの
    ソフトウェア
  • コンテナプラットフォーム
    Red Hat OpenShift

IBM Cloud Paksは、Kubernetesをベースにオープンテクノロジーを活用して、
お客様システムのモダナイゼーションを支援するパッケージ・ソフトウェアです。

IBM Cloud Pak製品ラインアップ

各製品ボタンを押下すると各Pakの概要をご確認頂けます。

IBM Cloud Pak for Applications

IBM Cloud Pak forApplications

IBM Cloud Pak for Data

IBM Cloud Pak forData

IBM Cloud Pak for Data

IBM Cloud Pak forIntegration

IBM Cloud Pak for Automation

IBM Cloud Pak forAutomation

IBM Cloud Pak for Multicloud Management

IBM Cloud Pak forMulticloud Management

IBM Cloud Pak for Security

IBM Cloud Pak forSecurity

6製品それぞれの役割がひと目でわかる構造図

エンタープライズの業務におけるIBM Cloud Paksの位置付け

ハイブリッド・マルチクラウド環境下で、IBM Cloud Paksが従来の問題点を吸収し、これらのエンタープライズ・システムの価値を向上させることにより、お客様はビジネスにフォーカスできます。

各製品ボタンを押下するとそれぞれの役割がご確認頂けます。

各Pakの役割はわかったけど、
全て購入する必要があるのでしょうか...

環境に合わせて、単品または組合せでご購入いただけます!

IBM Cloud Paksはお客様のDXの進捗状況に合わせて、単品購入いただけます。また6つのPaksは、将来予想されうる様々な課題を解決できる柔軟で幅広い拡張性を持っています。

IBM Cloud Paksの活用例

IBM Cloud Paksが、どのようにレガシーシステムをモダナイゼーション出来るのか、活用例をご紹介いたします。

課題解決

1

for Applications

従来のレガシーシステムの保守・運用にコストが掛かり、
ベンダーロックインも起きている。DXはとても難しい...

クラウドネイティブ、アプリケーションのモダナイズを支援

IBM Cloud Pak for Applicationsは、既存アプリケーションをモダナイゼーションするための移行支援機能やモダナイズした新規アプリケーションの開発環境を提供します。またオープンテクノロジーをベースにしているため、ベンダーロックインを防ぎます。

< IBM Cloud Pak for Applicationsが求められる背景 >

今後10年はレガシーとクラウドネイティブの共存が続く

IBMの調査によると、このクラウド・ジャーニーにおける新しいクラウドネイティブ技術とレガシーシステムの共存期間は、およそ10年と見込まれています。各企業のIT部門は、ハイブリッド・マルチクラウド環境の中で、システムの安全稼働と既存レガシーシステムのクラウド化を進めて行く必要があり、この課題にいち早く対応できるかどうかが、企業の競争力を左右することになります。

レガシーアプリとクラウドネイティブのアプリが共存

この課題を解決できるのが
IBM Cloud Pak for Applicationsです。

< IBM Cloud Pak for Applicationsとは(全体像) >

IBM Cloud Pak for Applicationsは、既存アプリケーションのモダナイゼーションと、新規のクラウドネイティブアプリケーションの開発・実行をサポートします。

既存システムを止めることなく、段階的にアプリケーションをモダナイズします!

レガシーシステムをコンテナにLiftしながら、徐々にマイクロサービス化可能なアプリケーションをShiftしていく手法が、アプリケーションモダナイズにおいて多く採用されています。

課題解決

2

for Integration & for Multicloud Management

企業システムは各分野で最良な製品や環境を選択し、
ベストオブブリードで活用したい。

IntegrationとMulticloud Managementの組み合わせで解決いたします。

オンプレミスやマルチクラウドを一元管理し、SaaSを含む様々なシステムをAPI・アプリケーション連携することで、ベストオブブリードなシステム環境を構築いただけます。

< IntegrationとMultiCloud Managementが求められる背景 >

従来、多くの企業ではシステムを自社業務に最適化するため、スクラッチ開発や複雑なカスタマイズをパッケージソフトウェアに対して行ってきました。その結果、システム維持や保守にコストが掛かり、先進的なIT技術への移行が遅れてます。
今後のシステムでは、オンプレミスやクラウド等、最適な環境を自由に選択でき、優れたパッケージソフトウェアやSaaS等との連携可能な統合プラットフォームが求められています。

IntegrationとMulticloud Managementで課題解決

あらゆる場所に存在するシステムやデータを素早く連携、どんな環境下でも統合管理を可能に!

オンプレミス、パブリッククラウド、SaaSなどあらゆる場所に存在するデータやシステムをスピーディーに連携することが可能です。またハイブリッド・マルチクラウド環境が進むことで管理が煩雑にならない様に統合管理する機能を提供します。

課題解決

3

for Data

社内外の様々なシステムに散在するデータを収集し、
有効な分析を行うには、膨大な時間がかかってしまう。

分析の準備時間を短縮、細密な分析も可能に

社内外全てのデータを活用し、あらゆる分析ニーズに対応可能な
End-to-Endのチーム共創プラットフォームを提供します。

< for Dataが求められる背景 >

現状データ活用は、用途ごとに異なるツールや仕組みを使用し、煩雑なプロセスになっています。
  • 企業内外に散在するデータや分析資産を可視化できず、検索・共有できない
  • 様々なツールを使い分ける必要があるため、データ提供者と利用者のそれぞれに負担が大きい

for Dataで課題解決

  • 利用者がスピーディーに必要なデータを入手し分析作業に着手できる
  • データのコピーや蓄積が不要なデータの仮想統合が可能
  • データを有効に活用するために、複数の役割をまたがって共創する

社内外のあらゆるデータを共有/分析して、誰でもすぐに使える環境に!

データの仮想化、エンジニア以外でもデータ収集が容易になるカタログ機能を利用し、
データ・プラットフォームを構築することで、現在の煩雑なシステム環境下でも
データ分析・活用のフルサイクルを効率化します。

[ IBM Cloud Pak製品ラインアップ ]

  • IBM Cloud Pak for Applications

    IBM Cloud Pak forApplications

  • IBM Cloud Pak for Data

    IBM Cloud Pak forData

  • IBM Cloud Pak for Data

    IBM Cloud Pak forIntegration

  • IBM Cloud Pak for Automation

    IBM Cloud Pak forAutomation

  • IBM Cloud Pak for Multicloud Management

    IBM Cloud Pak forMulticloud Management

  • IBM Cloud Pak for Security

    IBM Cloud Pak forSecurity

これなら、ただ古いシステムをスクラップ&ビルドするのではなく、
徐々に必要な箇所からDXをすすめられそう!

IBM Cloud Paksは、今後も更に進化していきます

IBMは今後もニーズに合わせ、クラウドネイティブに必要な製品を展開していきます。
各製品の詳細は別ページにてご紹介しております。詳しくは下のボタンよりご確認ください。