HPE Nimble Storage
AIによる障害予兆検知でトラブル知らずのストレージ
可用性
99.9999%以上
仮想化にも最適
ハイブリッドでも
高性能
障害発生前に解決!実績値として99.9999%以上の可用性を実現
HPE InfoSightが人工知能(AI)を利用した予測分析を
行い、問題を検知すると対策方法も含めてお客様に
通知するプロアクティブな保守を提供。
これによりシステム管理者の負荷を大幅に軽減します。
仮想化環境の可視化で、仮想サーバーレベルの問題もすぐに解決
HPE InfoSightの一機能である「VMVision」では、仮想サーバーレベルでの監視・分析が行えます。
問題になっている仮想サーバーの特定や、仮想サーバー単位での遅延原因(ホスト、ネットワーク、ストレージ)の分析が可能です。
HDD+SSDのハイブリッドでも高性能なので、導入コスト削減
特許取得の独自ファイルシステムによる高速書き込み/読み込みが高性能を実現。
HDD+SSDの構成でも、オールフラッシュ並みの性能を提供可能です。
また独自のアーキテクチャにより、CPUが性能を決定するため、
「性能が足りないから、ディスクを増やす」必要がありません。
他社の一歩先を行くInfoSightによる予兆検知
HPE InfoSightは、HPE買収前のNimble Storage社時代からおよそ8年半に渡り、全世界のNimble Storageの
センサーデータを収集。この圧倒的なデータ量が、精度の高い予兆検知とプロアクティブサポートを実現しています。

株式会社ネットワールドについて

社名 株式会社ネットワールド
設立 1990年8月1日
代表者 代表取締役社長 森田 晶一
所在地 [本社] 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル
事業内容 ネットワーク製品のソリューション・ディストリビュータ
Microsoft社を始めとする様々なネットワークベンダー(メーカー)の主要ディストリビュータであり、300以上のベンダー、3万点以上の商品を取り扱い、どんなユーザーにも、最適なシステム構築を提供できる製品を品揃えしています。

pagetop