Dell EMC Unity™
エントリー価格で高機能!コスパ最強ストレージ
ユニファイド
ストレージ
シンプル管理
機能が盛りだくさん
1台でSAN・NAS両方使えるユニファイドストレージ
用途ごとに分ける必要なし!
1台でOK
1台でSAN・NAS両方に使用でき、
様々な用途をUnity1台でカバーが可能。
初めての操作でも安心のシンプルで使いやすい管理ツール
日本語対応の管理ツールなので
操作も安心
パフォーマンスモニタリング機能も完備されているので、パフォーマンス確認やレポート機能により日々の運用にも役立ちます。
エントリー向けストレージなのにこんなに良い所盛りだくさん!
全てのライセンスが標準搭載!
必要なライセンスは全て最初から含まれているので
構成変更や増設時にライセンス料金を気にする必要ナシ!
リモートサポートも標準対応
SRS(Dell EMC Secure Remote Services)

・SRS は Dell EMC 推奨のセキュアリモートサポートソリューションです。
・SRS を導入することで、IPネットワークを基盤とした安全で信頼性の高い
 リモートサポートが提供できます

・SRSを介したDell EMCへの故障等の自動イベント通知
・Dell EMCからの、お客様サイトへのリモートアクセス
・ハートビートによる、Dell EMCストレージへのプロアクティブな接続確認
Unityならお客様の環境に合わせて豊富なラインナップから選択可能
Unityシリーズはエントリー~ミッドレンジまでの幅広い環境に対応。
以下のオールフラシュモデル/ハイブリッドモデルの他、Virtual Edtion(仮想版)も展開。
Dell EMC Isilon™
増え続けるデータに最適。NAS環境にはIsilon
簡単スケールアウト
データ移行は不要!
様々な階層化に対応
増え続けるデータに柔軟に対応できる簡単スケールアウト
IsilonではOneFSとよばれるOS、クラスタシステムを使用し、ボリュームやファイルシステムを意識しないシステムを採用。
OneFSではRAID等の保護を利用せず、独自のデータ保護技術を用いることでノード(筐体)間でのデータ保護を実現。
単一のファイルシステムのまま
最大50PBまで拡張可能
データのオートバランス機能によりデータ移行は不要!
Isilonは世代やシリーズ、容量が異なるノード同士でも 1ボリュームで管理が可能なため、増設時にサービス停止・マウントポイントの変更もなし。不安の多いリプレース時のデータ移行もオートバランス機能で安心。新世代のノードにデータを再配置するのでシステム停止なくリプレースが可能。もちろん旧世代のノードの撤去時にもサービス停止は不要。
同一ボリューム内、クラウド環境へ自動で階層化が可能
SmartPoolsやCloud Poolsの自動階層化機能を使うことで、用途に応じた柔軟な階層化を実現。世代やモデルが異なるノード間を1ボリュームで階層化できるので、コストに見合ったデータ保存を自動化することが可能。更に、階層化をクラウド(パブリック/プライベート)へ拡張する事が可能。
Isilonシリーズの特長/ラインナップ
ボタン一つで直線的な拡張。
60秒以内に拡張が完了。
ユーザーやアプリケーションには影響なし。
OneFSをクラウドに拡張。
Isilonのストレージをクラウドに
階層化。
メディア&エンターテイメント4K等、
パフォーマンスも拡張性も必要な
要件に最適。
Dell EMC PowerMax
ストレージ業界を牽引するDell EMC フラグシップモデル
業界最速の処理能力
リアルタイム機械学習
業界トップの
無停止技術
次世代のIT 環境に必要とされる高い処理能力を提供

・全ての内蔵SSD デバイスとはGen3 PCIe NVMe による接続

・NVMe over Fabric にも対応し、ホスト環境から内蔵デバイスまでボトルネックの無い快適なNVMe 環境

End-to-End でつながる
NVMe テクノロジー
Storage Class Memory
対応
スケールアウト型エンジン
真のハイエンドストレージとは?→システム停止しない仕組み
元祖ハイエンドストレージは実はお手頃!

・次世代SSD 企画のStorage Class Memory(SCM)に対応

・NVMe 環境を爆発的に高速化する超レイテンシ/ 超パフォーマンスのデバイス

・コントローラ数は必要な性能に応じてスケールアウトによる構成

・最大1,000万 IOPS の処理性能

機械学習によるSCM 領域を
効率的に利用

・4,000万のデータセットのアクセスパターンをリアルタイムに分析

・1日あたり60億件の意思決定をオーバーヘッド無しで実施

・高速であるべきデータは常にSCM 領域に存在

・最小限のSCM 領域で最大限の性能を提供可能

PowerMax が長年ハイエンドユーザーに
支持される理由

・コントローラ内のパーツ障害が発生してもフェイルオーバーしません。障害箇所を回避して処理を継続します。障害発生中でも5% 程度の性能劣化で運用継続可能です。

・システムOS のアップデートは5秒未満で完了。ホスト側の接続リンクは維持したまま実施完了となるため、フェイルオーバーの必要無くアップデートは完了します。

・PowerMax 間で同一のデバイスID(WWN)を維持したままデータ移行をするため、ホスト環境はサービス停止を必要とせず古くなった機器の入れ替えが可能です。

・SRDF Metro の利用により、異なるData Centerのストレージ領域を統合し、Active-Active で利用可能。A サイト→ B サイトへのVMotion やサイトダウン時
の迅速な復旧を可能とします。

PowerMax の最新テクノロジーへの対応&ネットワールドのご支援体制
PowerMaxを始めるなら今がチャンス!
PowerMax だから実現できる
次世代IT 環境に求められるポイント
●高速なEnd-to-End NVMe 対応
●SCM デバイスを機械学習により有効活用
●スケールアウト型の拡張(性能&容量)
 最大1,000万 IOPS の処理が可能
●異なるDC 間でのActive-Active 利用と
 迅速なサービス復旧能力
●あらゆるイベントに対するノンストップ性
●簡易な機器リプレイス
●誕生から30年間 業界トップクラスの実績

株式会社ネットワールドについて

社名 株式会社ネットワールド
設立 1990年8月1日
代表者 代表取締役社長 森田 晶一
所在地 [本社] 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル
事業内容 ネットワーク製品のソリューション・ディストリビュータ
Microsoft社を始めとする様々なネットワークベンダー(メーカー)の主要ディストリビュータであり、300以上のベンダー、3万点以上の商品を取り扱い、どんなユーザーにも、最適なシステム構築を提供できる製品を品揃えしています。

pagetop