Dell EMC PowerProtect DP4400
ユーザー用途・環境にあわせて選択できる豊富なクラウドソリューション
オンプレ&クラウドの
統合管理
コスト◎の
BCP対策!
クラウド階層化
※現在AWS/Azureに対応済み
長期保管に最適!オンプレのデータをパブリッククラウドと階層化
「Cloud Tier」機能の紹介:オンプレDDのデータをパブリッククラウドと階層化する機能。
ユーザーのポリシーに従い、長期保管が必要なデータを安価なクラウドストレージに保存する事が可能
Dell EMC PowerProtect DP4400
PowerProtect DD
パブリッククラウドとの連携機能で実現するコスト重視のBCP対策
「DD Cloud DR」機能の紹介:
通常時はオンプレ環境のバックアップデータを
安価なAWS S3/Azure Blob Storage領域に保存し、
有事の際にはクラウド上のバックアップデータから
仮想マシンを起動し、事業継続が可能です。
さらに復旧後は更新された仮想マシンを
オンプレ環境にフェイルバックすることも可能です。
コストを抑えながらBCP対策を行いたい方に
最適なソリューションです。
Dell Technologiesで実現するオンプレ&パブリッククラウドの統合管理SaaS
「Cloud Snapshot Manager」機能の紹介:オンプレミス環境、パブリッククラウド環境のデータ保護を
まとめて管理できるSaaSタイプのデータ保護ソリューション!
パブリッククラウド毎の管理は不要! 操作は1つの管理ツールでまとめてできる
管理ツールにパブリッククラウドのアカウント情報を入力し、スナップショットポリシーを設定。各世代のスナップショットの管理、リストも全てCloud Snapshot Managerから実行可能。
AWS同様にAzure環境にも対応しています。
用途・環境に合わせて選べる豊富なクラウドソリューション!
要件①
オンプレDDのレプリケーション先として使用したい!
Dell Technologiesのデータ保護製品がアプライアンス版だけでなくクラウド環境でも使用可能なバーチャル版も選択可能。物理機器との組合せ小規模オフィスやレプリケーション先にバーチャル版はおすすめです!
バーチャル版はサブスクリプション課金です。AWSマーケットプレイスから購入頂けます!
要件②
パブリッククラウドを活用して効率的かつコスト重視に
導入ができるクラウドソリューションがほしい!
お客様により最適な2通りのご提案が可能です!
オンプレ環境のデータを増やしたり長期保管用に低コストで管理したい場合
DD Cloud Tier
もしもの時のBCP対策をしたいけど全部のデータをクラウド上にDRするのはコスト的に厳しい場合
Cloud Disaster Recovery
要件③
オンプレ環境、パブリッククラウド環境それぞれ管理するのは大変。それぞれ管理ツールも操作方法も違うし…全部をまとめて管理できるソリューションが欲しい!
オンプレ・クラウド関係なくスナップショットを
シンプルに管理・自動化できるSaasソリューション

がおすすめです!
マルチテナント
複数のクラウドアカントとリージョンで
スナップショットの検出・自動化が簡単にできる!
クラウド保護
SaaSタイプの管理ツールだからインストールや機器は不要!
信頼性
データ保護・オンプレミス環境において信頼度の高いDell Technologies だからできるソリューション
ライセンス表
製品名 ライセンス課金体系 ライセンス提供形態 標準価格
Cloud Tier TB課金
※DP4400の場合は
 最初の5TBまでは無償
(クラウド側の使用容量分)
永久ライセンス (+年間保守)機器と同時購入可能 ¥32,775(保守含まず):1TB
Dell EMC Cloud
Disaster Recovery
(Cloud DR)
TB課金
(クラウド側の使用容量分)
永久ライセンス (+年間保守)機器と同時購入可能 ¥15,435(保守含まず):1TB
スペック一覧  
項目 対応状況
クラウドインスタンスの
電源管理
AWS, Azure
データ変換 VMDK→AMI AMI→VMDK
VMDK→ VHD VHD→VMDK
AMI→VHD × VHD →AMI ×
物理→AMI × 物理→VHD ×
SaaS対応 Exchange × SharePoint ×
OneDrive × Teams ×

※2021年5月現在

pagetop